世界遺産「ヘーガ・クステン/クヴァルケン群島(ハイコースト)」の詳細情報

スウェーデンの世界遺産・名所ガイド

High Coast / Kvarken Archipelago

ヘーガ・クステン/クヴァルケン群島

名称:ヘーガ・クステン/クヴァルケン群島(スウェーデン
英語名称:High Coast / Kvarken Archipelago
ジャンル:世界遺産
分類:自然遺産
登録年:2000・2006年

今も年平均8〜10mmの速さで隆起が進む小島群

スウェーデン東部のボスニア湾沿岸にあるヘーガ・クステンとクヴァルケン群島一帯は、約9600年前の最終氷期の末期から現在まで、土地が隆起するリバウンド現象が顕著に現れている地域である。この一帯は、氷河期には巨大な氷床が形成されていたが、土地の隆起は、氷床の融解に伴ってマントル(地殻)が盛り上がるアイソスタシーという現象による。隆起のペースは1年間に平均8〜10mmほどだが、約300mも隆起した土地もある。「高い海岸(ハイ・コースト)」を意味するヘーガ・クステンは、屹立した断崖とともに、数多くの入り江、湖、島々などから成る非常に複雑な景観を形成している。もとはヘーガ・クステンのみが世界遺産であったが、同じボスニア湾にあるフィンランドのクヴァルケン群島でも同様の現象が観測され、2006年に拡大登録された。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!スウェーデンの世界遺産最新情報

2009/05/12 世界遺産

スウェーデンの世界遺産「ゴットランド島」で何もやらない贅沢なひと時を!

スウェーデン旅行イメージ-水辺に点在するコテージを貸し切れば、冷たい水に飛び込んで目覚める、なんてことも朝飯前なのだ 水辺に点在するコテージを貸し切れば、冷たい水に飛び込んで目覚める、なんてことも朝飯前なのだ

スウェーデンでは会社勤めの場合、一般的に年間6週間ほどの有給休暇が保障されており、季節の良い6、7月にゆっくり休んで鋭気を養うパターンがポピュラーだ。そして、長期休暇の目的地として人気なのが、都会の喧騒を離れた自然の中での生活。夏や冬の休暇用に家族や友だちと過ごす別荘(といってもゴージャス度はピンきりだが)を持っている人々は、休みになればいそいそと所有のコテージに出かけ、日向ぼっこ、ビール片手のBBQや釣りの合間に家の手直しなど日曜大工にいそしむことになる。もし別荘を持っていなくても、そんなのんびりした時間を満喫することは可能なのだ。例えば海辺のコテージ、森の中のB&B…続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


スウェーデンの世界遺産「ヘーガ・クステン/クヴァルケン群島」についてご紹介します。ヘーガ・クステン/クヴァルケン群島の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。