page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
スウェーデン・マルメ・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

潮風が香る港町でビーチバカンスを。


掲載日:2012/07/26 テーマ:観光地・名所 行き先: スウェーデン / マルメ

タグ: ビーチ リゾート 街歩き


南の町を訪ねる。

夏の日差しがまぶしいスコーネ地方。 夏の日差しがまぶしいスコーネ地方。

細長い国、スウェーデン。北と南では気温差もあるので、天気が悪ければ北の地方ではフリースやジャケットを羽織るような季節、南部スコーネ地方、Simrishamn(シムリスハムン)ではTシャツに短パン姿で小麦色に日焼けした人たちが石畳の道を散歩していたりする。そこに住む人の性格も、もしかしたら気候に影響されるのか、南部特有のイントネーションのせいなのか、この町の人たちのしゃべり声はどこかしら開放的な感じもするのは、気のせいだろうか?

お店散策。

ビンテージ品も並ぶアンティークショップ。 ビンテージ品も並ぶアンティークショップ。

「’Simris'の港」、という意味のこの町。40kmほど南西にあるYstadからはポーランドへのフェリーが運航するなど、ヨーロッパ大陸とのつながりも深い。
町の中心部にあるメインストリートにはレストラン、カフェやお店が軒を並べ、石畳を挟んで建つ周辺の家並みは黄色や水色など鮮やかな壁が夏の日差しを反射する。そんな一角に、夏場はこの地方のサマーハウスに逗留して作品を製作するという、陶芸家リサ・ラーソンさんの作品も扱うアンティークショップを発見!

魚介類に舌鼓。

潮風を感じるテラス席でのディナーで乾杯! 潮風を感じるテラス席でのディナーで乾杯!

海沿いだから、新鮮な魚介類を使った料理もバリエーション豊富。大小さまざまのレストランでは、そんな食材をアレンジしたメニューも提供している。ホテルのビュッフェは魚介のマリネ、ムール貝のワイン蒸しなど素材の持ち味を引き出したシンプルながら実のある味わい。テラス席で辛口のシャルドネといっしょにいただきたい。
中庭の庭園にいすや机を配したカフェは、気取らない雰囲気でリラックスできる。香り豊かなコーヒーでリフレッシュ。

ストックホルムよりコペンハーゲンに近い町。

白鳥が優雅に泳ぐハーバー。 白鳥が優雅に泳ぐハーバー。

とくに夏は国内外からの観光客で混雑が予想されるので宿泊予約は事前に手配したい。
シムリスハムンへはストックホルムから南西へ約600km。スウェーデンで3番目に大きい都市マルメからは約100km、車で1時間半ほど。マルメからお隣デンマークのコペンハーゲンへは45kmほどと、ストックホルムよりもコペンハーゲンに近いので、デンマークへの観光とうまく組み合わせて訪れるのも一案。ビーチでのひなたぼっこ、ゴルフ、セーリングなど楽しみ方はいろいろだ。

エリア情報

町の中には中世の教会も。 町の中には中世の教会も。

■ Simrisham
URL:http://www.simrishamn.se/sv/turism/

■ Beranek Hotel
住所:Strandvägen 3
272 31 Simrishamn
電話:0414-41 17 20
URL:http://www.hotellsvea.se/

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2012/07/26)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索