page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
スウェーデン・ストックホルム・世界遺産の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

18世紀の王宮建築様式を今にとどめる、ドロットニングホルム


掲載日:2008/04/10 テーマ:世界遺産 行き先: スウェーデン / ストックホルム

タグ: お土産 すごい! 世界遺産


優雅な雰囲気の王宮をのんびりと散歩しよう

駐車場からスロープを上ったところにある劇場 駐車場からスロープを上ったところにある劇場

1991年、ユネスコの世界遺産に登録されたドロットニングホルムは、ストックホルム郊外、Malar(メラール)湖の島にある。現在、王族の居住地となっている王宮や手入れの行き届いた庭園をはじめ、劇場、チャイニーズパビリオンなどが広々としたスペースに配置されている。宮殿は、18世紀の北欧の端正な王宮建築でベルサイユ宮殿を参考にしてデザインされたという。
また、1769年に完成したチャイニーズパビリオンは、フランスロココ様式にエキゾチックな東洋のイメージをプラス。インテリアはスウェーデンのロココ様式としても有名だ。

ヨーロッパ現存のバロック式劇場としても高い質を保つ

湖の向こうに見えるのが王宮。湖畔にはベンチがあり、夏は三々五々人々がくつろいでいる 湖の向こうに見えるのが王宮。湖畔にはベンチがあり、夏は三々五々人々がくつろいでいる

今でも夏期には歌劇などの公演を行なっている劇場は、ヨーロッパに現存するバロック建築劇場としても有名で、1762年の火災で破損された部分の修復も含めて、1766年に完成したという。舞台の奥行きは20メートルほどで、スウェーデンにある舞台の中でも規模の大きな方に数えられるという。グスタフ3世が18世紀後半に逝去されたあと、1920年代まで放っておかれたが、その後ろうそくの照明を電球に換えたりといった手直しを経てリニューアルオープン。次第にヘンデルやモーツァルトなどの作品の上演回数も増え、国内外の芸術家による質の高いパフォーマンスにより国際的にも知られる存在となっていった。

世界遺産は専門ガイドのツアーで見学したいもの

王宮前に広がる庭園。人手をかけて隅々まで整備されている 王宮前に広がる庭園。人手をかけて隅々まで整備されている

背景を知ることで世界遺産に対する理解も深まるので、専門ガイドによるツアーで見学するのも一案。ガイドによるツアーは30分ほどで、18世紀のユニークな機材を使った上演の様子を伝えるフィルムも見ることができる。大人は60クローナ(約900円)。
5月からはJ. Haydnの“Il Mondo Della Luna”が、7月にはユリシスを題材にしたC. Monteverdiの“Il Ritorno d'Ulisse in patria”を上演予定中だ。

劇場のショップには演劇関係の小物が並ぶ

白鳥親子も憩う静かな王宮前の湖畔。あまり近寄りすぎると子を守るため親が羽を広げて威嚇してくるので注意しよう 白鳥親子も憩う静かな王宮前の湖畔。あまり近寄りすぎると子を守るため親が羽を広げて威嚇してくるので注意しよう

併設のおみやげ店は5月から8月は10時から17時(上演日には19時30分まで)、9月は12時から16時にオープン。マスクや素敵なデザインの靴のレプリカや、アクセサリー、Tシャツなどを販売している。
時間に余裕があれば、ストックホルム市内からボートでドロットニングホルムへ出かけるのもオツなもの。発着場所は市内のStadshusbron(市庁舎橋)をはさんで市庁舎の向かいにあたるKlara Malarstrandから。運賃は100クローナ(約1600円)となっている。

【関連情報】

駐車場横には敷地全体の様子を表示した案内板が立っている 駐車場横には敷地全体の様子を表示した案内板が立っている

■ Drottningholm(ドロットニングホルム)
電話:08-402 62 80
行き方:ストックホルムから地下鉄緑のラインAkeshovまたはHasselby strand方面行きでBrommaplan(ブロマプラン)下車。そこから300番台のバスを利用しドロットニングホルム下車。
観劇後運行される特別バスは催し物終了15分後に発車し、地下鉄駅FridhemsplanとT-Centralenに停車。運賃50クローナ(約800円)。
ボートの時間などの問い合わせは、電話(08-5871 4040)、ホームページ(www.strommakanalbolaget.se)まで。
ガイドツアー時間:5月は12時から16時30分、6から8月は11時から16時30分(ミッドサマー前夜は15時まで)、9月は13時から15時30分、ただしマチネ上演の日の最終ツアーは13時30分。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/04/10)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索