page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
スウェーデン・ストックホルム・祭り・イベントの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

夏の始まりを告げる「夏至祭」は、太陽の恵みを心ゆくまで満喫する年中行事


掲載日:2008/05/01 テーマ:祭り・イベント 行き先: スウェーデン / ストックホルム

タグ: たのしい イベント


野の花と白樺の葉で飾る夏至祭のシンボル、ミッドサマーポール

村の大広場にミッドサマーのシンボル、ミッドサマーポールが立つと、いよいよ夏至祭の始まりだ 村の大広場にミッドサマーのシンボル、ミッドサマーポールが立つと、いよいよ夏至祭の始まりだ

スウェーデンの北極圏あたりでは、夜になって太陽が傾いても地平線より下に沈むことなくまた上りだす「白夜」といった現象があるが、暗く長い冬が明け、一年でもっとも昼間の時間が長くなる夏至の金曜から日曜(通常6月19から25日の間)にかけてが、スウェーデン人お待ちかねの「ミッドサマー(夏至祭)」。夏至祭は、つかの間の夏を心から楽しむため、クリスマス以上に盛りあがるといっても過言ではないほど待ち遠しい年中行事だ。
村や町など地域ごとに20メートル以上にもなるミッドサマーポール(メイポールとも呼ばれる。スウェーデン語では「マイストング」)を白樺の葉、マーガレットやレンゲなど夏の野の花々で飾りつる。できあがったものを大広場に立て、周りを賑やかなフォークソングにあわせて大人も子どももいっしょになって踊りまわるのだ

お祭り定番ディナーと乾杯で夜は更ける

※こちらの料理に関しましては記事内をご参照ください ※こちらの料理に関しましては記事内をご参照ください

ミッドサマーの特別料理には、掘りたての新ジャガが欠かせない。ディルという香草といっしょに茹でた新ジャガは爽やかな風味が漂い、ビネガ、レモンやにんにくなど、さまざまな味わいにマリネしたシル(ニシン系の魚)とサワークリームを添えていただくのがお約束だ。
もちろん、デザートはこの時期に出回るイチゴをホイップクリームかアイスクリームといっしょに楽しむのが定番で、イチゴは南欧産よりスウェーデン産が珍重される。
さて、お祭り気分を盛り上げるのに乾杯は欠かせないが、こちらはシュナップスやビールが人気。乾杯のための数々の歌を口ずさみながら、“スコール!(スウェーデン語で乾杯の意)”の掛け声も楽しげに、いつ果てるともなく宴は続くことになる。

※写真の料理
ジャガイモの上にある緑の葉っぱがディル。手前のゆで卵は、スウェーデンで言うキャビアのせ、卵の左がマスタード風味、その奥がにんにく風味のニシン。皿の右手にあるショットグラスにはキンキンに冷えたシュナップス。これでミッドサマーディナーのできあがり!

古くからの言い伝えもロマンチック

また、ミッドサマーポールの下では、ズタ袋を両足に履いて飛び跳ねながら速さを競うゲームなども繰り広げられる また、ミッドサマーポールの下では、ズタ袋を両足に履いて飛び跳ねながら速さを競うゲームなども繰り広げられる

未婚の女性が野の花を7から9種類摘み、それを枕の下に入れて眠ると、将来伴侶となる人と夢で出会うという、ロマンチックな言い伝えがある。花は、独り静寂の中で摘まねばならず、もし教会の庭で見つけたものであれば効果も増すといわれている。
また、夏至のころには、野草や湧き水に含まれる成分の効力が高くなるとかという言い伝えもあって、信憑性のほどは定かではないけれど、この時期、湧き水を飲んだり浴びたりする人も多いとか(?)

スカンセンで伝統行事の雰囲気を体験しよう

みんなで力をあわせてシンボルのポールを立てる。地域ごとに飾りつけも微妙に違うので、見比べることができれば楽しいかも みんなで力をあわせてシンボルのポールを立てる。地域ごとに飾りつけも微妙に違うので、見比べることができれば楽しいかも

さて、ストックホルム市内で、「ミッドサマー」を楽しむには“Skansen(スカンセン)”がオススメだ。
今年のミッドサマーイブは6月20日、金曜日。午後2時から、飾り付けしたミッドサマーポールを立て、音楽とダンスのパーティが始まる。スカンセンのスタッフによるコンサートやダンスなど各種催しもの夜が更けるまで目白押し。明けて夏至祭当日の21日土曜日は午後1時から、22日は午後2時過ぎからお祭りが企画されている。

【関連情報】

デザートのケーキにはたっぷりの生クリームと新鮮なスウェーデン産イチゴできまり! デザートのケーキにはたっぷりの生クリームと新鮮なスウェーデン産イチゴできまり!

■ Skansen(スカンセン)
電話:08-442 80 00
URL:http://www.skansen.se/
行き方:市内中心からバス47番、Djurgarden(ユールゴーデン)方面行きで約12分。
Slussen(スルッセン)からフェリーも発着している。
入園料:大人60クローナ(約1000円)、6から15歳、40クローナ(約700円)

(日程等の情報は2008年4月21日現在のものです。予告なく変更される場合がございますので、予めご了承ください)

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/05/01)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索