page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
スウェーデン・ストックホルム・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

オーガニックとフェアートレードをモットーに!「エコバルフーセット」でお買物


掲載日:2008/12/25 テーマ:ショッピング 行き先: スウェーデン / ストックホルム

タグ: ショッピング 洋服


オーナーは筋金入り(?)のエコ・ファッションデザイナー

地球環境にやさしい製品を企画しアレンジした、この店ならではの洋服が店内を飾っている 地球環境にやさしい製品を企画しアレンジした、この店ならではの洋服が店内を飾っている

ガムラスターンに店をかまえる“Ekovaruhuset(エコバルフーセット)”。「エコ商品の家」という店名のとおり、オーガニックでフェアメイド(フェアトレードの意)にかなう素材を使ったハイセンスの服や装飾品などが店内を飾っている。
小さいころから服のデザインが好きだったという、オーナー兼デザイナーのヨハンナさんは、「身につけるものはただ素敵で安ければいいのではない、美しいものには相応の値段がつくもの」と語る。洋服産業を支えている人々が低賃金や子どもの労働など、不当な環境に置かれ、その結果、安い服が作られているのを耳にして以来、デザイナーとしてできることを考え、「美しく、かつ環境に配慮した洋服の制作」を基本スタンスにデザインを心がけてきたという。

きれいな服を楽しみながら地球を救う、なんて素敵!

どっしりとした石造りの建物の1階がお店 どっしりとした石造りの建物の1階がお店

デザインする生地は、化学肥料や農薬などを使わずに栽培された原材料を、環境を破壊しない方法で染めた素材を、世界から集めている。また、羊毛は、羊を飼育している人々とコンタクトをとり、大切に育てられている羊から分けてもらっているという。
ファッショナブルという言葉のイメージを男女の服で基本から考え直したとき、ヨハンナさんはこう気がついた。
「ただスタイリッシュでゴージャスというのではなく同時に環境を維持し、一部の世界がほかの地域や人々を搾取するのではない関係によって作り出されたものであるかが大切なのだ」と。
「お客様が気持ち良く商品を買っていただける。見た目だけではない贅沢さをお届けしたい」とヨハンナさん。

あれも、これもと迷ってしまう

店内には男女をはじめ子ども服、アクセサリー、靴のほか、シャンプー、せっけんなど、ヨハンナさんのセンスにかなった製品が見やすく陳列されている。
穴倉のように奥が深い店内は、間接照明を使っており、心安らぐ雰囲気だ。
ベビーや子供服コーナーには洋服や柔らかい手触りの人形、子ども用のボディケア商品などがまとまっていて、買い物しやすく配慮されている。

エコ素材を使った世界のデザイナー商品も

エコバルフーセットは、ヨハンナさんのオリジナルデザインだけでなく、ファッションをアートとしてとらえるデザイナーの商品も扱うセレクトショップでもある。
ヨハンナさんのポリシーに共感し、彼女の探しだしたエコ素材を使って洋服などをデザインするアーティストの出身地はスウェーデン、アメリカ、フランス、ペルー、日本、イスラエルなど世界規模。それぞれ特徴あるデザインが素材と見事にコラボレートしている。
ニューヨークにも支店があり、こちらも本店同様にぎわっているという。

【関連情報】

通りを歩いて行くとこの旗が目印 通りを歩いて行くとこの旗が目印

■ Ekovaruhuset(エコバルフーセット)
住所:Osterlanggatan 28 111 31 Stockholm
電話:08-229845
開店時間:月曜から金曜、11:00〜18:00、土、日曜、11:00〜16:00
URL:http://www.ekovaruhuset.se/

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/12/25)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索