page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
スウェーデン・ストックホルム・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

旧国会議事堂の屋根の上から街を一望!高みの見物はいかが?


掲載日:2009/07/06 テーマ:観光地・名所 行き先: スウェーデン / ストックホルム

タグ: 絶景


「屋根の上の観光客」になる方法

右手に見える王冠3つが輝く建物が市庁舎。真ん中にかかる橋がセントラルブロー ン。屋根に上ればこれら建物を含む町並みを一望にできるというわけ 右手に見える王冠3つが輝く建物が市庁舎。真ん中にかかる橋がセントラルブロー ン。屋根に上ればこれら建物を含む町並みを一望にできるというわけ

いつもとはちょっと違った視点で眺めてみると新しい発見があるというもの。地上を離れて屋根の上からストックホルムの歴史を学びながら見物するツアーはいかが? 2003年にスンスバルという町でスタートしたこの「屋根の上のツアー」はストックホルムでも2007年にはじまって以来、地上を行くオーソドックスな観光に飽きてしまったちょっとマニアックな旅行客の人気を集めてきた。
ツアーは基本的にひとり420クローナ(約5000円)で1時間半ほどのツアーが1日4回予定されており、1回のツアーの定員は10名で、それ以上の場合は特別ツアーとなる。予約制。

町をくるりと一望する

参加者の安全を第一に考え、安全確保はしっかりと国の基準に適応している。もちろんガイドは救命の知識にも精通しているというベテラン揃いだ。そして、屋根に設置された通路や階段には、安全をたしかなものにするために体に装着したカラビナを接続する導線や手すりが設けられている。
さあ、ハーネスを装着しヘルメットもかぶっていざ出発!
ツアーに利用する建物は町の中心部から南のソーデルマルムを結ぶ橋、セントラルブローンを挟んでガムラスターンの向かい、リーダホルメンの一角にある。ほぼ町の中心部なので、3つの王冠のシンボルが輝く市庁舎や橋の上を流れるミニチュアカーのような車たちなどなど、普段とは別世界の光景を満喫できる

プライベートツアーも用意

個人的にもっと詳しく探検したいという方には、“rooftop tour for 2”がオススメ。こちらはその名のとおり参加者ふたりに対してガイドがひとり付くプライベートツアーだ。マンツーマンでガイドしてくれるのだから他の人に気を遣うことなく質問も思いのまま。充実した屋根の上の散歩となるだろう。
早朝や日暮れ時などなどツアーの時間設定もリクエストできるのはうれしい限り。こちらのツアー料金は2500クローナ(約3万円)で約1時間から1時間半となっている。

安全確保の基本ルールをチェック

安全にツアーを楽しむための基本ルールを紹介しよう。
・参加者は身長150センチ以上、18歳未満の場合は保護者同伴。
・体重が120キロ以下であること。
・心臓に異常がないこと。
・高所恐怖症でなく、慢性的な目まいがないこと。
・アルコールや薬の影響がないこと。
・ハイヒール厳禁。滑りにくい靴を使用のこと。
普段体験できない角度から歴史あるストックホルムの町並みを安全に見物してみよう。

【関連情報】

ツアー情報
■ Upplev Mer Stockholm
住所:Norra Riddarholmshamnen 5 111 28 Stockholm
電話:08-223 005
URL:http://www.upplevmer.se/

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/07/06)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索