戦いに関する展示から平和について学ぶアーミー博物館

スウェーデン・ストックホルム・歴史の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

戦いに関する展示から平和について学ぶアーミー博物館

掲載日:2009/08/25 テーマ:歴史 行き先: スウェーデン / ストックホルム ライター:田中ティナ

タグ: ためになる 博物館



ABガイド:田中ティナ

【スウェーデンのABガイド】 田中ティナ
全ガイドを見る
スウェーデン(エステルスンド)在住。通学したスウェーデン語学校では世界あちこちからの移住者とも友人となり、今でも楽しく、そしてびっくりの異文化交流を体験中。食、育児、教育、アンティーク、イベント、そして雄大な自然たっぷりの観光スポットなど、在住者ならではの旬の情報をお届けいたします。

屋外には戦車も 屋外には戦車も

戦いの背後の様子も紹介

現在の建物は1867年に軍のために建てられたが1877年に博物館に生まれ変わり、さらに、1992年から2000年まで改装工事を施して再オープンしたというArmemuseum(アーミー博物館)。
3階建ての建物にはバイキング時代から現在に至るスウェーデンの歴史を展示。当時の戦闘やその背後にある家族の生活の様子などを描いた絵画も多く所蔵している。
展示は戦いの現場に関することだけではなくその周りを取り囲む状況などさまざまなので、戦いによって奪われたりもたらされた平和や自由について思いを新たにする良い機会になるだろう。

 

見学地のひとつとしてショッピングなどと組み合わせるのにも便利な立地もうれしい 見学地のひとつとしてショッピングなどと組み合わせるのにも便利な立地もうれしい

興味をそそる目的別の資料展示

常設展では制服、銃などの武器類や戦闘に出向いた兵士たちが戦利品として持ち帰った旗なども展示。
また、戦いにつきものだった病気や怪我、またそれらの手当て、戦時下の動物の様子、罪と罰など、目的別にわかりやすくまとめたコーナーも興味深い。
資料室や図書館(8月31日まで火曜から木曜13:00〜16:00閲覧可)には、ユニフォーム、旗、剣に関する文書や軍の建物、武器や武器製造、軍の音楽、婦人や子どもたちの生活ぶりなどを伝える資料などが揃っている。

 

歴史を学ぶことは今を理解する有意義な方法

常設展以外にもさまざまな特別展を企画している。10月31日まで"King, Queen & Queer"を開催中。企画趣旨は「クリスティーナ女王、カール12世やグスタヴ3世は異性愛者だったのか、否か?」。というのも性差に関する事柄はいつの時代にもキーポイントになってきたからだとか。また、冷戦以降、平和維持の方向へ活動の幅が移っている国連部隊。コソボ、アフガニスタンなどでの彼らの日々の活動の様子を伝える"Peace Soldiers"展も10月から予定中だ。

 

見学後のひと休みはレストランで

8月中は毎日12時から英語による案内ツアーを予定中。事前の予約もいらず別料金もかからないので時間が会えばぜひ参加しよう。9月以降は土、日曜の13時からスウェーデン語のツアーがある。
玄関と同じ階あるレストランは夏季は外光が差し込み明るく開放的な雰囲気だ。野菜料理のブッフェ、サンドイッチや飲み物が楽しめる。
また、ショップには数々の本、ゲーム、パズル、ブリキの兵士などなど大小さまざまな品が並ぶ。

 

大きな敷地なので、正面玄関以外にも入り口がある 大きな敷地なので、正面玄関以外にも入り口がある

博物館情報

■ Armemuseum
電話:08-51 95 63 00
住所:Riddargatan 13
104 41 Stockholm
開館時間:8月31日まで月曜10:00〜17:00、火曜10:00〜20:00、水曜から日曜10:00〜17:00。9月からは火曜10:00〜20:00、水曜から日曜10:00〜17:00、月曜休館。
特別休館日:グッドフライデー、イースター、5月1日、ミッドサマーと前後日、クリスマス当日とイブ、大晦日と新年となっている。
入館料:19歳から大人50クローナ(約600円)
行き方:最寄の地下鉄はOstermalmstorg駅
URL: http://www.sfhm.se/templates/pages/ArmeStandardPage____1069.aspx?epslanguage=EN

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/08/25)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

最安値ストックホルムツアー


最安料金万円

合算 目安 5.68万円6.68万円
旅行代金: 5.086.08万円
燃油目安: 0.60万円
5日間
東京発

ストックホルム ツアー

【恋するスウェーデン】ターキッシュエアラインズ利用☆水の都ストックホルム・スーパーフリー5日間!☆日本発夜便で仕事帰りに出発可能!

ホテル:パーク・イン・ソルナ又は同等クラス(スト…
航空会社:ターキッシュ エアラインズ 指定

日程表を見る

●旧市街地ガラムスタンの街歩きが楽しいストックホルムにも2連泊!●自由気ままに楽しめるフリープラン!●仕事終わりでも出発できるうれしい夜便利用!成田22:25発(16年12月現在)●最新機材も多く…

旅行会社/ブランド:ファイブスタークラブ☆

合算 目安 5.90万円10.40万円
旅行代金: 5.9010.40万円
燃油目安: 0.00万円
6日間
成田発

ストックホルム ツアー

〜人気のカタール航空で行く〜 ”北欧のベニス” ストックホルム 6日間 ≪朝食付き≫

ホテル:ホテル ダイアログ または同等クラス(ス…
航空会社:カタール航空 指定

日程表を見る

【カタール航空】過去の受賞歴に加え、2015年SKYTRAX社の格付けで再び世界第1位に輝いたカタール航空。最新鋭の機材、最高の機内サービス、一流シェフによる充実の機内食、最先端のエンターテインメ…

旅行会社/ブランド:トラベルスタンダードジャパン

合算 目安 6.40万円11.90万円
旅行代金: 6.4011.90万円
燃油目安: 0.00万円
7日間
成田発

ストックホルム ツアー

〜人気のカタール航空で行く〜 ”北欧のベニス” ストックホルム 7日間 ≪朝食付き≫

ホテル:ホテル ダイアログ または同等クラス(ス…
航空会社:カタール航空 指定

日程表を見る

【カタール航空】過去の受賞歴に加え、2015年SKYTRAX社の格付けで再び世界第1位に輝いたカタール航空。最新鋭の機材、最高の機内サービス、一流シェフによる充実の機内食、最先端のエンターテインメ…

旅行会社/ブランド:トラベルスタンダードジャパン

合算 目安 7.00万円9.00万円
旅行代金: 7.009.00万円
燃油目安: 0.00万円
5日間
羽田発

ストックホルム ツアー

【早割25日前/2名様催行/インターネット限定】ぷらっとスウェーデン・ストックホルム5日間≪羽田発着・カタール航空・フリープラン・スタンダー…

ホテル:ホテル テグネルルンデンと同等クラス(ス…
航空会社:カタール航空 指定

日程表を見る

●航空会社サービス評価で5つ星に輝いた中東の航空会社・カタール航空指定!ワンワールドならではのJALマイレージ加算対象フライト!●市内のホテルにてご案内!●早割25日前/ご出発の25日前までにご予…

旅行会社/ブランド:タビックス 東京中央支店

合算 目安 7.00万円13.30万円
旅行代金: 7.0013.30万円
燃油目安: 0.00万円
8日間
成田発

ストックホルム ツアー

〜人気のカタール航空で行く〜 ”北欧のベニス” ストックホルム 8日間 ≪朝食付き≫

ホテル:ホテル ダイアログ または同等クラス(ス…
航空会社:カタール航空 指定

日程表を見る

【カタール航空】過去の受賞歴に加え、2015年SKYTRAX社の格付けで再び世界第1位に輝いたカタール航空。最新鋭の機材、最高の機内サービス、一流シェフによる充実の機内食、最先端のエンターテインメ…

旅行会社/ブランド:トラベルスタンダードジャパン

合算 7.10万円15.90万円
旅行代金: 7.1015.90万円
燃油確定: 0.00万円
6日間
成田発

ストックホルム ツアー

【成田発着】 ☆夜発だからぷらっと♪♪ ヨーロッパ!! 人気のカタール航空で飛ぶ・ストックホルムの休日 6日間・アレンジ自由プラン(ホテル3…

ホテル:ベストウエスタンキャピタルホテル又は同等…
航空会社:カタール航空 指定

日程表を見る

★エコノミークラス利用。◆カタール航空成田夜発便利用! 今がチャンス! 席に限りがございます。お急ぎください。◆毎朝食つき。◆滞在延長からホテルのグレードアップ、日程の変更などアレンジ自由自在!!

旅行会社/ブランド:クロノス・インターナショナル


 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事