page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
スウェーデン・ストックホルム・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

伝統を大切に考えながら常に新しいものを追求するセレクトショップ


掲載日:2009/09/07 テーマ:ショッピング 行き先: スウェーデン / ストックホルム

タグ: ショッピング 雑貨


オーナーの美意識にかなったエレガントな品揃え

店のセンスが十二分に伝わってくるショーウィンドウの飾りつけ 店のセンスが十二分に伝わってくるショーウィンドウの飾りつけ

アスプルンド兄弟が自分たちのテイストにかなうアーティストの作品を集め、1989年に誕生したのが"ASPLUND"。「品質がよく長持ちでいつの世も時代遅れにならないデザイン」が商品選択のモットーだとか。
彼らの審美眼は店内の商品を見れば一目瞭然。新人作家の発掘や育成にも力を尽くし、私たちに高品質でしかも遊び心があって長く愛せるものを届けてくれる。
値段が高いか安いかは個人の判断に負うところではあるけれど、少々値が張っても長持ちして、時間が経てばたつほど愛着がわく品の方が生活を豊かにしてくれると思うのだがいかが?

ショールームは現代アーティストと顧客をつなぐ中継地

白を基調にした店内にはシンプルで飽きのこないデザインと色合いの商品がすっきりとディスプレイされている。
家具、カーペットなどの大型商品からフェルトの靴、食器などの小物までさまざまだ。
ここにある商品でトータルに部屋を整えることも、また、気の利いた小物をひとつ加えて今ある自室に彩を添えることも自由自在。
また、カーペットは顧客のニーズに合わせてサイズや色みを調整するなどきめ細かく対応。ニュージーランドの高品質のウールを使い、手織りで各デザイナーの個性を表現しているという。

作家とのコラボレーションで誕生するオリジナル商品

アスプルンドが誇る自社製の家具コレクションはヨナス・ボリーンやトーマス・サンデルなどスウェーデンのトップデザイナーが製作に協力したという。さらに同じデザイナーが家具とカーペット両方のデザインを手がけるなど、トータルでのコーディネイトにも定評がある。
また、小物ではろうそく立て、読みかけの雑誌を整理するのに素敵なマガジンラック、幸せを呼ぶといわれる伝統民芸品ダーラヘストをモチーフにしたジグソーパズルなど、見ているだけでも心躍る品々が並んでいる。

素敵な商品は国境知らず

取引の製造会社はコンテンポラリーな製品を創造していればスウェーデンに限定せずデンマーク、イタリアやイギリスなどなどグローバル。もちろんデザイナーも国際色豊かでイタリアのピエロ・リッソーニ、アルゼンチン生まれのアルフレード・ハベリなどに混じって日本人も活躍中。良いものは国境を越え、いつの世でも心を豊かにしてくれるというわけ。
お店を出て右方向へ。地下鉄駅のある広場を対角線上に横切ったところには、新鮮な食材やそれらを使ったテイクアウェイ料理を扱う小売店やレストランが同居するOstermalms Saluhall(エステルマルムス市場)が、また広場を右手に歩けばその先左手にはArmemuseum(アーミー博物館)があるなど、観光スポットが集まっている地区でもある。

お店情報

■ ASPLUND
住所:Sibyllegatan 31
   114 42 Stockholm
電話:08-662 52 84
開店時間:月曜から金曜11:00〜18:00、土曜11:00〜16:00
閉店:日曜日
行き方:地下鉄Ostermalmstorg駅下車、徒歩1分ほど。
URL:http://www.asplund.org/

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/09/07)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索