page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
スウェーデン・ストックホルム・美術館・博物館の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ユニークなツアーを企画するストックホルム市立博物館


掲載日:2011/08/27 テーマ:美術館・博物館 行き先: スウェーデン / ストックホルム

タグ: イベント 博物館 歴史


ターゲットを絞り込んだツアー

英語などで説明しているガイドマップ。旅の記念品にもなりそうなデザイン 英語などで説明しているガイドマップ。旅の記念品にもなりそうなデザイン

観光地を見学する方法はいろいろある。名所旧跡をきっちりおさえた観光バスは、時間がなくその町をはじめて観光する初心者には便利だろう。
また、何回か訪問済みの街なら自分の趣味に応じて、たとえば美術館や博物館を中心に巡ったり、アンティーク店を集中的にカバーなど滞在時間に応じて自分でプランをたてるのが楽しい。ストックホルムをちょっと別の切り口から見物してみたい方におススメなのがこちらのツアーだ。

ABBAファンならこちらのツアー

博物館の入り口にこんなディスプレーを発見 博物館の入り口にこんなディスプレーを発見

ストックホルム市立博物館であつかっているユニークなガイドツアーで、名前も’ABBA City Walk'と'Millennium Tour'。ポップス界では70年代にスウェーデンいや世界を風靡した、アバゆかりの地を巡る’ABBA City Walk'はアバファンならずとも当時の思い出がある方には懐かしい気分に浸れるのではないだろうか。
ガイドツアーは当時彼らがアルバムのカバーを撮影した公園やホテル、レコーディングスタジオ、1976年の王室結婚式前夜、1700年代の衣装をまとってあの「ダンシングクィーン」を生演奏した王立歌劇場、フリ−ダとべニーが暮らしたアパートのあるガムラスターンや野外博物館や動物園などの設備を整えたスカンセンのあるユールゴーデンなどなど、市内の要所を網羅している。

ミステリー小説「ミレニアム」ファンはこちらを

1910年代に建てられたリスベスの住むアパート。ストックホルムでは古い建物の内装をリノベーションして住むのがポピュラー 1910年代に建てられたリスベスの住むアパート。ストックホルムでは古い建物の内装をリノベーションして住むのがポピュラー

そして、'Millennium Tour'は40カ国語以上に翻訳され世界中で2千万部以上を売り上げた、スティーグ・ラーソンのミステリー小説にゆかりのあるスポットを訪ねるというもの。小説「ミレニアム」3部作は日本語訳でも読むことのできる。
ミレニアム誌ジャーナリストのミカエルと暗い過去を持つ天才ハッカーの女性リズベスが協力しながら犯罪を解決するお話だ。現代を舞台にしているのでストックホルム市内の警察署や裁判所、主人公たちお気に入りのカフェやバーなどを巡るという。

あなたはガイド派? それとも自由散策派?

ミカエルの勤める雑誌「ミレニアム」のオフィスが設定されている場所 ミカエルの勤める雑誌「ミレニアム」のオフィスが設定されている場所

ガイドツアーはいずれも2時間ほど。ガイドは日本語こそないけれど英語を完備している。アバの英語ツアーは8月と9月は金と土曜の午後4時から。費用は120クローナ(約1460円)、集合場所は問合せを。ミレニアムツアーは9月まで土曜日午後1時30分、集合場所はBellmansgatan1(最寄の地下鉄駅はSlussenまたはMariatorget)、費用はこちらも120クローナとなっている。
ガイドなし、自分のペースで彼らゆかりの地を歩いてみたいという方には、博物館の売店で販売しているガイド地図(各40クローナ、約490円)が便利だ。

ツアー情報

ストックホルム市立博物館のエントランスは広場から階段を下りた左手に ストックホルム市立博物館のエントランスは広場から階段を下りた左手に

■ Stockholm Stadsmuseum
住所:Ryssgarden, Slussen, Stockholm
電話:08-508 31 600
行き方:地下鉄Slusse 駅前広場に隣接。
開館時:火曜から日曜、11:00〜17:00、木曜日のみ11:00〜20:00
休館日:月曜日
入館料:無料
URL:http://www.stadsmuseum.stockholm.se/index.php?sprak=english

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2011/08/27)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索