page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
スウェーデン・ストックホルム・美術館・博物館の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

パフォーミング・ビジュアルアート博物館で表現芸術を体感しよう!


掲載日:2011/10/27 テーマ:美術館・博物館 行き先: スウェーデン / ストックホルム

タグ: ためになる イベント 博物館


ダンサーが表現する文化

入り口のディスプレイはシンプルで興味がそそられるような雰囲気。緑のサインを目指していこう。 入り口のディスプレイはシンプルで興味がそそられるような雰囲気。緑のサインを目指していこう。

美術館や博物館の展示はその国の文化の芳醇さを計る物差しといっても過言ではない、と思うのだが、ストックホルムにも特徴ある博物館が目白押し。毎年11月、王室も参列する授賞式や華やかな晩餐会がテレビ中継されるノーベル賞にちなんだノーベル博物館をはじめ、スウェーデン文化をさまざまの角度から紹介する北欧博物館、処女航海に出発したとたんに沈没した巨大な木造船を引き上げ展示しているヴァーサ博物館など、ここならではの特徴ある博物館が点在している。
歴史や科学、自然の知識を学ぶことが目的の博物館も興味深いが、芸術の秋、パフォーマンスアーツを紹介する'Dansmuseet(ダンス博物館)'はいかが? ダンス博物館はパフォーミングアートとビジュアルアートの展示を目的にした博物館だ。

多彩な企画展やイベントを計画

写真右上に見えるのが住所表示。大きな石造りの建物に博物館資料が展示されている。 写真右上に見えるのが住所表示。大きな石造りの建物に博物館資料が展示されている。

スウェーデンの上流階級出身で、パリでスウェーデンバレエを紹介し、ダンス博物館をオープンしたロルフ・デマーレ氏が1953年、スウェーデン王立歌劇場内に開設した。現在は場所をグスタヴ・アドルフ広場に移し、常設、企画展やイベントなどを多彩な手段でダンスを紹介している。
1910から1920年代にかけてのパリで公演されたスウェーデンとロシアバレエのコスチュームなどの常設展は無料で見学することができる。
ヨーロッパからのものだけではなくアジアやアフリカで踊りのときに身につける仮面など、幅広い展示だ。
展示の以外ではダンスのパフォーマンス、コンサートをはじめ踊りをビデオで紹介したり、サルサやタンゴに挑戦できるイベントも企画中だそう。

気になる今後の予定

ストックホルムの観光情報を検索することができるコンピュータで予定をチェック! ストックホルムの観光情報を検索することができるコンピュータで予定をチェック!

秋の予定が気になるところだが、10月に予定の企画はインドネシアの舞踏家を招いてのダンス。伝統的な踊りとコンテンポラリーな雰囲気が織り成す絶妙なハーモニーが魅力だそう。また、スウェーデンの詩からインスピレーションを得て振付をしたパフォーマンスも計画されている。。チケットはいずれも150クローナ(約1800円)で要予約。
11月と12月には、マリやセネガルといったアフリカンダンスを体験できるクラスも開催(60クローナ、約730円)。アフリカ出身のミュージシャンの生演奏で新しいステップを学んではいかが? 

併設のカフェと売店もチェック

フワフワとした生地を使ったバレエのチュチュのようなランプのかさは、インテリアデザインの大御所、ヨーナス・ボリーン作。売店の照明にもダンスのイメージを盛り込むところはダンスへのこだわりもまさに筋金入り? フワフワとした生地を使ったバレエのチュチュのようなランプのかさは、インテリアデザインの大御所、ヨーナス・ボリーン作。売店の照明にもダンスのイメージを盛り込むところはダンスへのこだわりもまさに筋金入り?

図書室にはダンスやそれにまつわる歴史、文化に関する蔵書が約4000点ほど。貸し出しはしていないがその場で閲覧することができる。またビデオコレクションは、スウェーデン国内外のアーティストによるバレエやモダンダンスを中心に、約3000点そろっているそう。
昔銀行だったという石造りの建物の入り口付近に受付と売店がある。売店には過去の展覧会のカタログやダンス関連の本、DVDが充実している。また、売店併設されたカフェは天井が高く明るい雰囲気。サンドイッチやコーヒー、軽いランチなどが楽しめる。

博物館情報

■ Dansmuseet
住所: Gustav Adolfs torg 22-24
SE-111 52, Stockholm
電話:08-441 76 50
行き方:地下鉄Kungstradgarden駅。公園を王立歌劇場方面へ向かい、中心に馬に乗ったグスタヴ・アドルフの像のある広場へ。広場沿いの建物。
開館時;火曜から金曜、11時〜16時、土、日曜、12時〜16時。
休館日;月曜日。ミッドサマー、クリスマス前後など祭日は休館。
入館料:常設展は無料。企画展も18歳まで無料。
URL:http://www.dansmuseet.se/

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2011/10/27)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索