page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
スウェーデン・ストックホルム・美術館・博物館の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ABBAの魅力を集めた博物館で、あたなもダンシングクィーンに!


掲載日:2013/11/01 テーマ:美術館・博物館 行き先: スウェーデン / ストックホルム

タグ: 一度は行きたい 音楽 博物館


世界的人気グループの誕生

曲を聴くと当時の思い出がよみがえる、という方もたくさんおられるのでは? 曲を聴くと当時の思い出がよみがえる、という方もたくさんおられるのでは?

70年代、ヨーロッパを中心に人気が高まり、オーストラリア、日本さらに、世界中でブレイクした、スウェーデンのポップグループ、といえば? そう、ABBA。当時カップルだったアグネータとビョーン、そしてベニーとアニフリーが組んだ、4名のグループで、それぞれの頭文字からグループ名がつけられた。男性のビョーンとベニーが作った曲を、女性二人の繊細なハーモニーが、ABBAならではの独特の世界を作り出し、1974年に「恋のウォータールー」が大ヒットして、一躍有名になった。

ヒット曲を集めたミュージカルも

路面電車もABBA一色。博物館到着前からワクワク気分がもりあがる 路面電車もABBA一色。博物館到着前からワクワク気分がもりあがる

その後もヒットを飛ばし、ディスコブームも牽引した彼ら。ヒット曲のなかでも、「ダンシングクィーン」のフレーズを耳にしたことがある方は多いのではないかしら? 1980年前半には活動を停止。その後1990年代には、彼らのヒットナンバーをちりばめたミュージカル「マンマ・ミア!」がロンドン、ブロードウェー、さらに日本でも公演され、新しい世代にも、ABBA音楽の魅力を伝えている。そんな、ABBAを紹介する博物館が、今年、ストックホルムにオープンした。場所は、スカンセンのあるDjurgarden(ユールゴーデン)。アクセスは、地下鉄T-Centralen近くのSergels torgから発着するユールゴーデン行き路面電車が便利だ。時間に余裕があれば、市内中心部からユールゴーデンの橋を渡り、歩いても30分ほど。

チケットは事前にネットで購入しよう

ストックホルムの空の玄関口、アーランダ空港内にもコスチュームの展示が ストックホルムの空の玄関口、アーランダ空港内にもコスチュームの展示が

館内にはABBAが実際に使ったコスチュームやゴールドレコードなどの展示もあるが、それだけにはあらず。名曲が生まれたスタジオ、当時の様子を伝える新聞記事などのスクラップ、メンバーそれぞれのエピソードなど、ABBA好き、また70年代の音楽シーンに興味のある人にはとても魅力的な内容となっている。チケットはインターネットで事前に購入するのがいちばん。というのも、ベストの状況で展示を楽しめるようにと、チケット購入時に入館時間を指定し、入館者数をコントロールしているからだ。

ヒット曲を予習してから出かるのがコツ

メンバーとの記念撮影は、博物館入り口でもどうぞ メンバーとの記念撮影は、博物館入り口でもどうぞ

博物館見学チケットで、スウェーデンの音楽殿堂とスウェーデンのポピュラー音楽の歴史を紹介するコーナーにも入場できる。スウェーデンのポピュラー音楽シーンを代表する、ロクセット、ザ・カーディガンズ、スウェーディッシュ・ハウスマフィアなどなど、ヒットメーカーが目白押しだ。ショップで販売しているDVD、本、Tシャツや当時彼女らが身につけていたアクセサリーの復刻版など思い出にいかが?さて、あなたは何曲彼らの歌を歌えるかしら? メロディーはよみがえっても、歌詞まで覚えている、という曲はなかなかないかも。展示を目いっぱい楽しむためには、事前にABBAの音楽をおさらいしてから出かけるのがポイントだとか。さあ、今から特訓してABBA博物館へGo!

博物館情報

博物館エントランスにはレッドカーペット 博物館エントランスにはレッドカーペット

■ ABBA THE MUSEUM
住所: Djurgardsvagen 68,Stockholm
電話: 08-12132860
開館時間:土から火曜、10:00〜17:00、水から日曜、12:00〜20:00。
休館日:9月30日、10月1日、11月4、5日。
入館料:大人195クローナ(約3060円)、大人が付き添っている子どもは大人ひとりにつき子ども1名50クローナ(約790円)、子ども(6〜15歳)145クローナ(約2280円)、6歳未満は無料。
URL:http://www.abbathemuseum.com/

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2013/11/01)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索