page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
スウェーデン・ストックホルム・お酒・バーの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

伝統と革新、絶妙バランスが魅力のスウェーデン産シングルモルト


スウェーデン唯一のディスティラリー

自分のお気に入りのウィスキーの色合い、香りと味わいを堪能するには、炎がゆらめく暖炉の前ほどおあつらえ向きの場所はないのでは? 自分のお気に入りのウィスキーの色合い、香りと味わいを堪能するには、炎がゆらめく暖炉の前ほどおあつらえ向きの場所はないのでは?

ウィスキー大国といえば、スコットランド。とはいえスコットランドがヨーロッパで唯一無二のウィスキー生産国とは限らない。
「えっ? まさか」、と思われるかもしれないけれど、実はスウェーデンにもウィスキーのディスティラリーがあるのだ。
1999年に最初のひとしずくが誕生して以来、マックミューラはスウェーデン初のウィスキー蒸留所として着実にステップアップを重ねている。
同じ材料を使ったとしてもスコットランドウィスキーの味はスコットランドでしか作りだせないように、北欧の空気、氷河期から地中でろ過されてきた天然水、そしてほんのりと甘い風味が感じられるスウェーデンの麦材料の魅力を最大限に引き出し、スウェーデンでしか創造することのできない金色の液体が彼らのフラスコの中できらめいている。

木立の中の建物

2015年にはウィザードオブウィスキーで世界醸造所に選出された実績も 2015年にはウィザードオブウィスキーで世界醸造所に選出された実績も

ストックホルムから北へ約170キロ、車で2時間弱、イェーヴレ郊外に位置するこの醸造所は、高速道路E4からあまり遠くない立地ながら、車の騒音は彼方になんとなく聞こえるような、聞こえないような。
高速道路を降り、舗装道路を外れ少し行った木の合間に目指すマックミューラの建物とウィスキー樽のピラミッドが見える。
手前にある小ぢんまりとした建物がレストラン兼ウィスキーの試飲と販売などをマネージする、いわゆる総合案内所だ。
季節のよい時期なら建物手前に作りつけられているバルコニーで風を頬に感じながら、ウィスキーの余韻(もちろんドライバーではない方だけ)に浸るのもいい想い出になりそう。

独創的なウィスキー

キャンディーのようなトローチのような、黒く平たいアメ。ウィスキーの風味が口の中に広がるがアルコールフリーなのでご安心を キャンディーのようなトローチのような、黒く平たいアメ。ウィスキーの風味が口の中に広がるがアルコールフリーなのでご安心を

季節の花を飾った玄関を入ると、会社のロゴをあしらったTシャツや、ウィスキーの風味を閉じ込めたキャンディ(ひと缶45クローナ、約580円)などの商品がそろい、その並びのカウンター越しに、テイスティング用のボトルがきっちりと整列している。
基本的なシングルモルトウィスキーにはスモーキー風味のタイプも用意。
また、その他の商品には、夏、冬や花の咲くころなど季節をイメージさせるタイプや、森、オーロラ、冬の庭などシチュエーションを表現するものなど、ベリー、レモンや甘みをブレンドしたウィスキーがそろう。オリジナリティあふれる商品を創造するチャレンジ精神は、若い会社ならではの魅力だろう。

工場見学とレストラン

シンプルで居心地よいレストラン シンプルで居心地よいレストラン

併設するレストランで提供する料理は、地元の食材を丁寧に調理し、もちろんウィスキーとハーモナイズするように仕上げてあるそう。食事と一緒にいただけるウィスキーは自社ブランドだけではなく、他社製品も扱っており、ウィスキー好きなら飲み比べてみるいいチャンスかも。
工場の見学を希望する場合は、事前にメールで受付すること。
伝統を大切にしながらより良質を、そして他社にはない風味を求めるスウェーデンウィスキー、マックミューラの現場を見学できる。

関連情報

ウィスキー樽とウッドデッキがいい具合にマッチしたテラス ウィスキー樽とウッドデッキがいい具合にマッチしたテラス

■ Mackmyra
住所:Kolonnvagen 2,
802 67 Gavle
電話:026 541 880
会館店時間:土曜11:00〜21:00。

URL:http://mackmyra.com/?accept=yes

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/03/24)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索