page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
スウェーデン・ストックホルム・祭り・イベントの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

春の訪れをワッフルでお祝いしよう!


掲載日:2019/04/24 テーマ:祭り・イベント 行き先: スウェーデン / ストックホルム

タグ: おいしい カフェ 甘い


3月25日はワッフルの日

サクッ、カリッ、熱々のワッフルに甘みを控えたホイップクリームと自家製ジャムを添えて サクッ、カリッ、熱々のワッフルに甘みを控えたホイップクリームと自家製ジャムを添えて

かの有名なベルギーワッフルのように、声高らかに名物である、と宣言をするレベルではないけれど、スウェーデンにもワッフル愛好家はもちろんいて、カフェでも、また家庭でも手軽に楽しむのがスウェーデンスタイルだ。さらに3月25日は「ワッフルの日」と制定されている。なぜこの日がワッフルにとって特別な日なのかといういわれはいろいろ聞こえてくる。もともと、長い冬につかれた人々が待ち焦がれていた春の訪れを告げる日だったという説や、キリスト教にちなんで、聖母マリアがキリスト誕生の9カ月前に天使ガブリエルに受胎告知を受けた日にちなんだ、などだ。
さらに、昔はなかなか手に入れられなかった、卵や牛乳も春の訪れとともに食べる機会が増えたのだとかで、これらがワッフルの材料でもあるため、この時期の特別な日を、ワッフルにかけた、などなど諸説ある。

一家に一台ワッフル焼き器

使い込んだワッフル焼き器は我が家の愛用品のひとつ 使い込んだワッフル焼き器は我が家の愛用品のひとつ

いずれにしても、ワッフルはスウェーデンの過程でもポピュラーで、ワッフルの日に限らず家庭でも気軽に楽しまれている。ワッフルを焼くための機械を使うので、普段の食事と以上に非と手間かかるせいか、いつもとはちょっと雰囲気の異なる、少し晴れやかな感じの食卓となる。
もちろん100パーセントではないけれどワッフル焼き器がある家庭も多い。日本なら、さしずめタコ焼き器といったところだろうか。例えばトースターのように毎朝使う電化製品ではないけれど、たこ焼きづくりには欠かせない、関西方面であれば一家に一台は戸棚のどこかに眠っている、というのが、スウェーデンではワッフル焼き器にあたる。

食感はサクサク軽め

材料をだまができないように混ぜ合わせ、30分ほど寝かせたら準備完了。さあ焼きましょう! 材料をだまができないように混ぜ合わせ、30分ほど寝かせたら準備完了。さあ焼きましょう!

ワッフルは材料によって、また機械によって、厚みや膨らみ加減、中のしっとり具合、外側の皮のパリパリ加減や焼き上がりの色合いなど、千差万別だ。スウェーデンワッフルの基本材料は、とかしたバター100グラム、小麦粉300グラム、ベーキングパウダー小さじ1、塩一つまみ、ミルク400ミリリットルに卵2個など、家庭に常備されているものばかり。ベルギーワッフルは厚みもボリュームもあって、クッキーのように手で持って食べることができるが、スウェーデンのはそれほど厚みもないので、手でいただくにはちょっと小降りに切ったほうが食べやすい。日本のホットケーキよりふわふわ感は少ないけれど外はカリッ中はサックリ。食感は軽めだ。
ワッフルの食べ方はお好み次第。バニラ風味の砂糖を少々加えたホイップクリームに、ラズベリーか赤スグリのジャムを添えるのが一般的でがあるが、ジャムだけが好み、また砂糖をパラパラと振りかけるだけが好き、というひともいる。

カフェでもワッフル

2種類のジャムを添えて、メープルシロップをかけて、家庭のワッフルはすべてお好み次第 2種類のジャムを添えて、メープルシロップをかけて、家庭のワッフルはすべてお好み次第

フィーカのおともにワッフル、というのもある。我が家では昼食や軽食として、春先テラスにワッフル焼き器をしつらえて、テーブルの上で焼きつつ、出来立て、熱々のワッフルに好みのトッピングを添え、冷たいミルクといただくのが定番だ。
街のカフェでもワッフルを提供するところもあるので、フィーカの時にメニューをチェックしてみよう。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/04/24)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索