page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
スウェーデン・ストックホルム・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

華やかなスイーツと軽食をゆっくりたのしめる店、Mr. Cake


カラフルなスイーツを作り出すトップクラスのパティシエ

ショーケースの中でひときわ目をひくレッドベルベットクロワッサンは、ビーツの赤が鮮やかなパリパリのクロワッサンにクリームチーズのアイシングをトッピング ショーケースの中でひときわ目をひくレッドベルベットクロワッサンは、ビーツの赤が鮮やかなパリパリのクロワッサンにクリームチーズのアイシングをトッピング

石畳の広場、オブジェの向こうに佇む建物の1階にあるのがカフェ、Mr. Cake。
店内の第一印象は、間接照明が落ち着いた雰囲気だ。そして、入り口から店内を見渡すと真っ先に目に入るのがカラフルなスィーツの並ぶショーケース。グレー一色の無機質な店の外観とは対照的な、ピンクやオフホワイトの鮮やかなケーキの彩が強いインパクトで迫ってくる。
ボリューム満点のアメリカ風お菓子とスウェーデンの味を融合させたスイーツと、環境にやさしく家にいるようにくつろげる場所をコンセプトに2017年にオープンしたカフェだ。
創始者のひとりロイ氏はケーキの本を出版するなど、また、もうひとりのマティアス氏は国際大会でも優勝するなどケーキ作りもトップクラスの実力者たちだ。
彼らが作り出すケーキは見て目もほれぼれするように美しく、スイーツへの愛情が感じられ、食べてしまうのがもったいないほど。

たのしげに働く人たちの笑顔も魅力

扉にあるお店のロゴが目印 扉にあるお店のロゴが目印

パンやケーキはテイクアウトもできるし、もちろん店内で味わうこともオーケーだ。食事もコーヒーもすべてセルフサービス形式。パンやケーキ、コーヒーカップはカウンターで受け取って支払いを済ませる。カウンターの端っこに用意されているコーヒーも自分で好きなだけつぐ。言うまでもなく自由にお代りすることができる。食事はカウンターの後ろの壁に記されたメニューからオーダーし、支払いと引き換えに呼び出しベルを受け取る。
カウンター近くの席からは、お店のロゴ入りシャツに身を包んだ店員さんがにこやかにオーダーを受ける様子や、料理を盛り付ける真剣なまなざしなどがちらちらと目に入り、こんなにたのしげに働く人たちの手による料理は、食材もさぞうれしいに違いない、と料理の味に期待が高まる。

材料を活かした軽食でランチを

揚げアボガドをサラダの上に盛りつけた一品。クランチーなナッツとほの甘いドレッシングが揚げたてのアボカドとの相性もぴったり 揚げアボガドをサラダの上に盛りつけた一品。クランチーなナッツとほの甘いドレッシングが揚げたてのアボカドとの相性もぴったり

アメリカ風ボリューム満点のカラフルなスイーツと、スウェーデンの昔からの味を融合したという気になるメニューには、スウェーデンのフィーカのおともシナモンロール、サフランパン、カルダモン風味のバンズから、リッチなチョコレートケーキ、レモンメレンゲパイなどがそろう。
朝食には、オムレツ、アボガドと卵のトーストなど、昼からは燻製サーモンのオープンサンド、ハルーミチーズのラップサンド、スープなどを用意している。

カップルも子ども連れも思い思いの時間を

ストックホルム市内の一角にあるので、観光の途中にひと休み ストックホルム市内の一角にあるので、観光の途中にひと休み

店のフロアは入り口からは数段低くなっているが、コンクリートのなだらかな傾斜のスロープが用意されており、加えていすやテーブルが余裕をもって配置されているので、車いす、赤ちゃんのバギーなどで来店しても安全に利用できる。イートイン用のテーブル席も画一的ではなく、たとえばひとりでも、大きなテーブルをシェアするなど、様々な条件の人たちが、遠慮なくマイペースでフィーカタイムを満喫できるよう配慮されている。
ストックホルム以外に、イエテボリにもお店を構えているので、スウェーデンの南部を旅行される方はこちらのドアをノックしてみるのも一案だ。

関連情報

■ Mr. Cake
住所:Radmansgatan 12,
114 25 Stockholm
開店時間:月曜から金曜、07:30〜18:00(キッチン朝食は7:30〜10:00 、ランチは11:00〜17:00)、土曜、日曜、09:00〜18:00(キッチン朝食は09:00〜10:00 、ランチは12:00〜17:00)。
URL:https://mrcake.se/

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/02/17)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索