ザリガニって美味しいの?!

誰でも子どもの頃に近所の川や公園で捕まえた事があるザリガニ、それをを食べる…と聞くと、ギョッとする人も多いかもしれませんが、北欧では身近な食材として親しまれています。中でもスウェーデンでは「ザリガニ・パーティー」が夏の風物詩ともいえる国民的行事になっています。現地では「kräftskiva」と呼ばれているこのパーティー、いったいどんなものなのでしょうか。

北欧の夏の風物詩、ザリガニパーティー!を体験しよう 北欧の夏の風物詩、ザリガニパーティー!を体験しよう

短い夏を楽しむ季節の風物詩

スウェーデンでは8月8日にザリガニ漁が解禁となります。これを合図に、待ってましたとばかりに8月から9月にかけてザリガニ・パーティーが盛んに行われます。ザリガニ料理はレストランでも食べられますが、家庭で気の置けない仲間とワイワイとパーティーをしながら味わうのがスウェーデン流。そのため、ストックホルムなどの店先にはこの時期のザリガニ・パーティーのための様々な食材やグッズが並びます。

パーティーはこんな風に行われる

伝統的なパーティーは、戸外にセットしたテーブルで行うのが昔ながらのスタイル。紙製のテーブルクロスやナプキン、食べる時に汚れないための紙エプロンなどはザリガニ柄のものが人気で、提灯やパーティーハットまで、趣向を凝らしたデコレーションも大切にします。気になるメニューの内容はというと、パーティーに欠かせないのは、もちろん主役のザリガニ。ディルというハーブで香り付けし、茹でて冷やしたザリガニは、殻つきのままのものをテーブルに並べます。付け合わせはパンやチーズなどが定番。そしてザリガニ・パーティーに欠かせないのがジャガイモや麦から作った蒸留酒のシュナップス。ハーブの香りが高く、ザリガニ料理とよく合いますが、アルコール度数が非常に高いので飲みすぎには要注意です。

来夏はスウェーデンで本場のザリガニ・パーティーを体験してみては

ザリガニ・パーティーは、ザリガニを味わうというよりは、北欧の短い夏を慈しむ大切な行事。最近では日本の国内でもスウェーデン料理専門店や、スウェーデンのインテリアショップIKEAなどでも、期間限定でザリガニ料理を提供しているそうです。しかし、せっかくならこの時期に旅行で訪れて、本場で是非その雰囲気を味わってみたいものですね。