ヨーロッパで一番標高が高い駅

スイスアルプスといえば、ユングフラウヨッホ。この山は、登山鉄道で海抜3454メートルまで登ることができます。終点の駅は、その名もユングフラウヨッホ駅。ヨーロッパで一番標高が高い駅だということで、トップ・オブ・ヨーロッパともいいます。さて、このユングフラウヨッホ駅、スフィンクス展望台というエレベーターで上がったところにある展望台、アイスパレスという氷のオブジェがある氷の洞窟、5つのレストランがあります。観光地として、かなり力が入っています。

山のてっぺんから絵ハガキを出そう。ユングフラウの名物ポスト 山のてっぺんから絵ハガキを出そう。ユングフラウの名物ポスト

円筒状の赤い郵便ポストにご対面

ところで、氷河急行やベルニナ急行を運行するレーティッシュ鉄道は、日本の箱根登山鉄道と姉妹鉄道の提携をしています。書類上のやりとりだけでなく、お互いの鉄道にちなむデザインの車両を用意したりと、実際に交流があるのがうれしいですね。さらに、ユングフラウヨッホ駅には、日本とスイスとの友好の証があります。それは、日本の郵便ポスト。しかも、最近はほとんど見かけない円筒状の赤い郵便ポストです。日本でも、めったにお目にかかれないものをスイスの山の上で見かけるとは驚きです。富士山五合目簡易郵便局とユングフラウヨッホ山頂郵便局が姉妹提携をしていて、友好の証として日本から贈られたポストなのです。逆に、富士山五合目簡易郵便局にはスイスの黄色いポストがあります。富士山にある黄色いポストは、使わずに飾ってありますが、ユングフラウヨッホ駅にある赤いポストは実際に使われています。

ユングフラウヨッホから絵葉書をだそう

ユングフラウヨッホ駅に行くときには、ぜひ絵葉書を持って行きましょう。それも住所や通信文はしっかり書いておいたほうがいいです。ユングフラウヨッホ駅では、見どころがたくさんありますが、帰りの電車の時間のこともあるので、できるだけ効率的に行きたいものです。また、切手も駅で買えますが、買い損ねたら大変ですので、できたらあらかじめ絵葉書に貼っておいたほうが安心です。切手を貼った絵葉書は、ぜひ日本の赤いポストへ。ヨーロッパで一番高いところにある駅からだした絵葉書は、きっと喜ばれます。ところで、この赤いポスト、日本人にはおなじみですが、もちろん日本人専用ではありません。日本人以外のツーリストも利用するわけですが、スイスのポストは赤くて丸いものだと勘違いされないかと、ちょっぴり心配です。