スイスに行ったら食べ逃さないで

スイス料理の名物料理といったら、フォンデュ料理。フォンデュとは、フランス語で「溶かす」という意味があり、小鍋に何かを溶かして食べる料理に使われています。スイス旅行中にフォンデュ料理の食べ比べをしようと、友人と計画しました。まっ先に思いつくのがチーズフォンデュでしょうか。乳製品やチーズなどの酪農が有名なスイスですので、そこからも美味しいフォンデュが期待できます。最初に食べたのは、アルプスの麓町のレストランでした。

スイスでフォンデュ比較、あなたはどれが好み? スイスでフォンデュ比較、あなたはどれが好み?

チーズフォンデュより美味しいもの

角切りに切ったパンを細長い棒にさして、鍋で溶かしたとろとろのチーズをつけて食べてみると。日本のレストランで食べたものより、チーズの味が濃く美味しかったです。白ワインのアルコールが飛んでいなく、フォンデュを食べているだけなのに酔ってしまいそうでした。寒いスイスならでは、アルコールが残ってる方が身体も温まるのかも。他のチーズを温める料理に、ラクレットがあります。これは溶かしたチーズを、茹でたジャガイモにかけて食べます。個人的には、こちらの方が好みでした。

美味しいオイルフォンデュに出会う

もう一つの名物フォンデュといえば、オイルフォンデュ。ベルンの町でガイドブックに載っていたレストランへ。油の入った小さな鍋がテーブル上に置かれ、角切りの牛肉が出てきました。長いフォークに刺した牛肉を入れ、油で揚げて、付いてきたソースにつけて食べました。肉を半生で揚げて食べるのがポイントで、ソースも美味しかったのです。肉しか揚げるものがないので、少し味気ない料理でした。サイドメニューを頼んで、皆でシェアした方がいいでしょう。

チョコレートフォンデュが一番美味しい

デザートには、チョコレートフォンデュでしょうか。溶かしたチョコレートに、フルーツなどを付けて食べます。特にスイス名物でもありませんが、フォンデュ比較するなら食べなくてはと、チューリッヒで見つけたチョコレートの店へ入りました。チョコレートそのものも美味しいスイスです、フォンデュにしても美味しかったです。いちごの季節ではなかったので、出てきたのはキュウイなどのフルーツでした。フォンデュ比較を企画した食の旅は楽しかったです。あなたもスイスに行ったら、試してみませんか。