スイスの全てが凝縮『バレンベルク野外博物館』

スイス・ブリエンツ・美術館・博物館の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

スイスの全てが凝縮『バレンベルク野外博物館』

掲載日:2014/03/19 テーマ:美術館・博物館 行き先: スイス / ブリエンツ ライター:ロッテンマイヤー

タグ: 一度は行きたい 博物館 歴史



ABガイド:ロッテンマイヤー

【スイスのABガイド】 ロッテンマイヤー
全ガイドを見る
2007年よりチューリッヒ在住。ヨーロッパの地の利を活かして旅行三昧。大好きな家族と愛犬が恋しい時もあるけれど、人生一度きり!モットーは「何事も勉強&経験、後悔はやってみてから」パートナーや気の置ける友人達に支えられ、山あり谷ありなスイス生活エンジョイ中!

一概に農家の住居と言っても時代や地域によってその様相は異なるもの。こちらは1797年当時の比較裕福な農家の住宅で、『バレンベルク博物館』で初めて移築されたものでもあります。そのためある種「シンボル」でもあるこちらの建物は、パンフレット等によく使用されています。 一概に農家の住居と言っても時代や地域によってその様相は異なるもの。こちらは1797年当時の比較裕福な農家の住宅で、『バレンベルク博物館』で初めて移築されたものでもあります。そのためある種「シンボル」でもあるこちらの建物は、パンフレット等によく使用されています。

スイスの歴史がこの地に勢ぞろい

日本各地にも昔の生活風景を復元、またそれを体験できるテーマパークがありますよね。ここ『バレンベルク野外博物館』も660000m²という広大な土地に、14〜19世紀当時の実際あった約100棟以上もの農家や家屋を移築して出来た博物館です。1978年の開園以来、年間約250,000人もの人々がスイス各地からだけでなく世界各国からここ『バレンベルク』を訪れ、当時の興味深いスイスの生活に郷愁を寄せています。

 

今でもスイスの家庭で主食として食べられている編みこみ型をしたパン『Zopf(ツォプフ)』おじいさんの手作りパンは昔ながらの釜と製法にて焼かれ、その味は絶品です。 今でもスイスの家庭で主食として食べられている編みこみ型をしたパン『Zopf(ツォプフ)』おじいさんの手作りパンは昔ながらの釜と製法にて焼かれ、その味は絶品です。

人々の生活を垣間見よう

興味深いのは建物だけではありません。ここではそれぞれの建物で当時の生活風景が再現されています。当時は何をするにも「自分で作る」というのが主流であった時代。農作業の傍ら、人々は糸を紡いだり、織物を編んだり、陶器を焼いたり、籠を編んだり。またはパンやチーズを作ったりなど実際に作業をしている光景を目にすることができます。そしてここで作られたそれらの製品や食品を購入することもできます。園内にはそうしたもので作った料理を提供するレストランもありますが、手入れが行き届いた芝生で持参したサンドイッチと共にここで購入したチーズやサラミなどを頂くのも至福のひと時です。

 

ここで作られているチーズは短くても1年間は熟成されたもの。ヤギや羊などから作られた様々な種類のチーズと焼きたてパンがあれば、もうそれだけでごちそうです。 ここで作られているチーズは短くても1年間は熟成されたもの。ヤギや羊などから作られた様々な種類のチーズと焼きたてパンがあれば、もうそれだけでごちそうです。

子どもから大人までの勉強の場

スイス人にとってはここは自分達のルーツを知る場であり、外国人観光客にとっては自国と比較し、その共通点や相違点に関心を覚える貴重な場でもあります。ここで働くスタッフの方々も実際にそれぞれの職場で当時のやり方で、当時の生活をしているだけ。つまり、園内に一歩入ればそこはもう「歴史の一面」ではないのです。園内には約250頭もの牛や豚、鶏などの家畜もおり、またそこから生活の糧を頂いているわけでもあるのです。スタッフの方は皆さんとてもフレンドリー。この際なので疑問はどんどん質問しちゃいましょう。

 

木々の葉が色づく季節、当時の農家が立ち並ぶのどかな風景が広がっています。きっとこういった「原風景」がスイスの原点なのでしょう。 木々の葉が色づく季節、当時の農家が立ち並ぶのどかな風景が広がっています。きっとこういった「原風景」がスイスの原点なのでしょう。

イベントや体験企画も盛りだくさん

広い園内をひとつずつ見て周るもよし、的を絞って効率よく動くもよし、どちらにせよここでの滞在時間は少なくとも半日は見ておくべき。また、実際の作業内容を見るだけでなく、チーズやチョコレート作りなどを体験することも出来ますよ。季節毎のイベントなども予定されているので、楽しみながら当時の生活を学習することができます。スイスの民族衣装やスイス各地の農家、そしてその地で育まれる生活全てがここにギュっと凝縮されています。

 

春から秋までの季節限定の開園となります。ご注意ください。 春から秋までの季節限定の開園となります。ご注意ください。

関連情報

■Ballenberg Freilichtmuseum 住所:Museumsstrasse 131 3858 Hofstetten 電話+41 33 952 10 30 営業時間:※2013年の営業は終了しました。2014年の開園情報については公式HPにてご確認下さい。アクセス:電車Brienz(ブリエンツ)駅からバスにてBallenberg,Ost(東)またはBallenberg,West(西)下車  ■URL http://www.ballenberg.ch/de/Willkommen

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2014/03/19)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事