page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
スイス・ジュネーブ・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

洗練されたデザイン&リーズナブルな価格!スイス定番のお土産といえば…?


掲載日:2007/10/02 テーマ:ショッピング 行き先: スイス / ジュネーブ

タグ: お土産 ショッピング ブランド


洗練されたデザインで国内外問わず人気

ジュネーブのモン・ブラン通りに位置するスウォッチショップ ジュネーブのモン・ブラン通りに位置するスウォッチショップ

オメガ、ティソ、ロンジン、ロレックス、オリス、レビュートーメン…。スイスの時計産業は世界的に有名です。高級時計=スイスというイメージを持っている人も多い中、庶民の味方!とばかりにリーズナブルな値段とバリエーションの多さ、洗練されたデザインで国内外問わず人々を惹き付けて止まない時計メーカー…と言えば? 答えはSwatch(スウォッチ)!

ちゃんとした「プレゼント」という感覚で渡せるお土産

2007年5月には日本・銀座に、スウォッチグループのビル「ニコラス・G・ハイエックセンター」がオープンしたことを耳にした方も多いのではないでしょうか。スイス人にもファンは多く、気分に、ファッションに合わせて何個も持っているという声をよく聞きます。スイスでは直営店が各地(バーゼル、ルツェルン、ルガーノ、ローザンヌ、ジュネーブ、チューリヒ、マイエンフェルド、ツェルマット、)にあり、またデパートなどでも販売されています。かさばらない、リーズナブルな価格を理由にお土産として購入していく人もとても多い、とスウォッチの販売員。購入するとちゃんと薄型の箱を用意してきちんと包んでくれるのも嬉しいですね。普通のお土産だと紙袋さえ貰えないことがありますが、ちゃんとした「プレゼント」という感覚で渡せるのも人気の所以です。

何といっても豊富なデザインが魅力

魅力は、その豊富なデザイン!ポップなものからスイス十字をデザインしたもの、シックなレザー使いのものやアクセサリー感覚で付けられるものなど、とにかくその展開の多さ、デザインの多さに、どれを買おうか何時間も迷ってしまいます。そのデザインの多さゆえ、低価格でありながらも「自分だけのもの」という気分が持て、またスーツに合わせるから薄いものじゃないと、黒じゃないと、など条件で探せるのも魅力的。必ずしも「若い子向け」だけではなく、シックなものもきちんと定番として揃っているのも嬉しいですね。

【関連情報】

最近リリースされた、2007年秋冬カタログはインターネットでチェック必須です!

■スウォッチ情報
URL:http://www.swatch.jp/ (スウォッチ日本語オフィシャルサイト)

2007年秋冬カタログ
http://www.swatch.jp/products/?r=virtual (日本語サイト)
※リングやピアスなどアクセサリーカタログもあります

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/10/02)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索