世界遺産「ミュスタイアにあるベネディクト会の聖ヨハネ修道院(ミュシュタイル)」の詳細情報

スイスの世界遺産・名所ガイド

Benedictine Convent of St John at Mustair

ミュスタイアにあるベネディクト会の聖ヨハネ修道院

名称:ミュスタイアにあるベネディクト会の聖ヨハネ修道院(スイス
英語名称:Benedictine Convent of St John at Mustair
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1983年

カール大帝の命で建設された壮麗なフレスコ画を有する修道院

スイス東端にある険しいミュスタイア渓谷にある。9世紀頃に興隆したカロリング期の代表的な建物で完全な形で維持されている。フランク王カール大帝の命により、780年に修道士の施設として設立されたが、戦略上重要な役割を担った変動の歴史がこめられており、アルプス地方で最も古い防壁塔と塔状住居はその希少な証である。当初は、木組みの天井に覆われた、広い単一身廊に3つの礼拝堂の構造であったが、15世紀に2つの側廊と石造りのドーム状天井を備えた後期ゴシック様式となった。簡素な外観とは対照的に、内部は9世紀初頭と12世紀のカール大帝時代の壁画や壮麗なロマネスク様式のフレスコ画で飾られている。後の補修工事の際に、新旧聖書を題材にした82場面のフレスコ画が発見された。現在も12名の修道女が集団生活を送っている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!スイスの世界遺産最新情報

2016/06/03 世界遺産

スイス屈指の世界遺産・ラヴォー地区を楽しみつくすには

スイス旅行イメージ-スイス屈指の世界遺産・ラヴォー地区を楽しみつくすには スイス屈指の世界遺産・ラヴォー地区を楽しみつくすには

日本の九州とほぼ同面積の国土をもつスイス。列車に乗れば1、2日でほぼ一周できてしまうため、日本人の感覚では小さな国ともいえますが、ドイツ語圏とフランス語圏に分かれるなど多様な文化を持つのも、スイスの大きな特徴の一つです。スイス南西部にある横長の形をしたレマン湖畔は、その北側がスイス、南側がフランスに面するエリア。そのスイス側には急な斜面が続きブドウ畑が延々と続く、世界遺産登録のラヴォー地区が広がっています。続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


スイスの世界遺産「ミュスタイアにあるベネディクト会の聖ヨハネ修道院」についてご紹介します。ミュスタイアにあるベネディクト会の聖ヨハネ修道院の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。