意外と決めるのがむずかしい、ハイキングスポット

持ち物は揃った。ハイキングへの心構えも、ばっちり! …さて、どこを歩こうか? ご存じのとおりスイスにはアルプスの山々がそびえ立ち、そのコースの歩きやすさもさまざまです。ガイドブックを読んでも、なかなかどの地を選ぶか迷ってしまいますよね。そこで、ハイキング初体験&日常でも歩く程度しか運動しない人でも楽しめるハイキングコースを紹介します。

外せない!スイスのおすすめハイキング1 リギ山 外せない!スイスのおすすめハイキング1 リギ山

山周辺には、あの名女優が愛した絶景も

今回紹介するのは“リギ山(Rigi)”。その名を聞いたことがある方はきっと少なくないはずです。とくにファミリーやご高齢の方でハイキングを楽しみたいならば、リギ山をおすすめします。第一に、リギ山へのアクセスの道中が最高なのです。スイス国鉄(SBB)でも行けますが、ルツェルン駅前の船着場から山の麓の町まで、湖船が運航しています。航路の途中には、オードリー・ヘップバーンがその風景を好み、結婚式の地として選んだビルケンシュトックという町もあります。

名山ならではの豊かさを感じる地

麓から山頂へは、スイス初の登山鉄道で向かいます。ガタンゴトン…車両数も少ないレトロな列車は風情たっぷり。列車は二人掛けの席が車内の両脇に並んでいますが、山頂へ行く場合にはぜひ左側の席をおすすめします。湖や近郊の山の眺めが、とにかく素晴らしいのです。約20〜30分で山頂へ到着すると、まず目に飛び込んでくるのが、草を食む馬の姿。なんとも平和そのものな、絵に描いたようなのどかな景色が広がります。

安心して歩ける、歴史ある山

リギ山のコースの最大の特徴は“安全性”です。コンクリートできちんと整えられたコースはもちろんのこと、勾配も緩やかなので滑る不安がほぼありません。放牧馬が多い区域は、きちんと柵で区切られています。また、コースのそこかしこに順路を示す標識や、手書きとおぼしき矢印の看板があり、迷うことなく歩けます。山周辺の自然の眺めや、歩く気持ち良さを存分に楽しめるのが、リギ山。麓から山を見上げるとスイスの国旗があり、貫禄すら感じられる山です。