世界から超一流プレーヤーが集結!「モントルー・ジャズ・フェスティバル」

スイス・モントルー・祭り・イベントの現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

世界から超一流プレーヤーが集結!「モントルー・ジャズ・フェスティバル」

掲載日:2007/08/07 テーマ:祭り・イベント 行き先: スイス / モントルー ライター:大野瑠衣子

タグ: イベント 音楽 祭り



ABガイド:大野瑠衣子

【スイスのABガイド】 大野瑠衣子
全ガイドを見る
スイス在住、映像エディター。広告、演劇、長編・短編映画の映像制作の分野で活躍中。現地で働き暮らしながら肌で感じたスイスのあれこれをお伝えします。

レマン湖とアルプス山脈を眺めながら音楽に酔いしれる レマン湖とアルプス山脈を眺めながら音楽に酔いしれる

音楽溢れる街へ

ジャズ通ならば一度は行ってみたい、スイスはヴォー州の「モントルー」。ローザンヌから電車で30分〜1時間のレマン湖沿いのカジノや高級ホテルなどでも有名なこの地は、7月になると街が音楽で溢れます。

 

世界各地から一流プレーヤーがぞくぞく

その名も「モントルー・ジャズ・フェスティバル」。1967年から40年の歴史を持つこのフェスティバル。今年2007年は7月6日〜7月21日の間開催され、出演者はノラ・ジョーンズ、トリ・アモス、ベースティ・ボーイズ、ペットショップ・ボーイズなどジャズ初心者でも十分に楽しめるプログラム。今年はなんと「サプライズ・ナイト」と命名されて、16日にはあのアメリカンシンガーのプリンスが登場!日本からは「東京スカパラダイス・オーケストラ」が出演です。

 

ポスターにも注目したい

メイン会場以外でも列車コンサートや入場無料コンサートが開催されるので、チケットを買い損ねた人でも十分楽しむことが出来る仕組みになっています。
またフェスティバルのポスターにも注目!今までに世界的有名アーティストたちが手がけていることで有名です。過去にはアンディ・ウォーホルやデヴィット・ボゥイ、キース・ヘリングなどが担当し、今年はアイスランドの女性イラストレーター、カリトン・オリナが担当しています。

 

スイス全土から簡単アクセス

このフェスティバルついでにモントルーで宿泊することは可能ですが、そうではない人でも大丈夫。スイス国鉄のSBBがこのフェスティバルのために特別チケットを販売していますから、入場チケットと電車チケットを同時に、お得に買うことが出来ます(2007年は電車チケットが20%オフ)。
またコンサートの終了が遅くなっても、モントルーからスイス国鉄SBBの最寄り駅まで行くシャトル・バスが用意されていますから、暗い夜道を歩く心配もありません。
このフェスティバルは世界的に有名かつ人気!来年の分も、今からの予約を考え始めても早すぎないかもしれません。ぜひご検討ください。

 

【関連情報】

【モントルー・ジャズ・フェスティバル情報】
http://www.montreuxjazz.com/news/index_en.aspx (英語、ドイツ語、フランス語)

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/08/07)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事