page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
スイス・チューリヒ・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

シャガールの作品が無料で見られる、チューリヒ中心スポット


掲載日:2007/06/22 テーマ:観光地・名所 行き先: スイス / チューリヒ

タグ: 教会 美しい


チューリヒが誇る塔

金融街としてスタートしたチューリヒも、今ではスイスを代表するショッピング街、観光スポットとして成長。そんな毎日の喧噪の中に安らぎを求めて人々が集まる場所。それが、チューリヒのメイン通り「Bahnhofstrasse バーンホフ・シュトラッセ/駅前通り」から徒歩5分も掛からない「Fraumuenster フラウミュンスター/聖母聖堂」です。建物自体は12世紀〜15世紀に渡って建てられたもので、1911年の改装からそのままの姿をしています。ゴシック様式の代表的建造物として有名なのですが、それよりも中の聖堂部分が何とも美しいのです。

シャガールを無料で

この大聖堂の聖堂部分にあるのは、なんとシャガールが1970年に描いたステンドグラス。彼自身の手でひとつひとつ、心を込めて描かれたステンドグラスは、聖堂の壁3面にはめ込まれています。シャガールのステンドグラスが光を通すことによって、その光はいっそう暖かみを帯びます。
それぞれのグラスはオレンジ、緑、青がメインカラーになっており、彼独特の線はステンドグラス上でも健在です。教会なので、無料で入ることができますが、もちろん普通の市民も祈りを捧げに来ます。冒頭でも述べたように、日々の喧噪から少し逃れる意味でも、ふらりとやってきて、しばらくじーっとステンドグラスを見つめ、そして何も言わずに去っていくスーツ姿の男性も見かけます。リマト川をはさんで見える、2つの塔が特徴的な「Grossmuensterグロスミュンスター」まで足を伸ばしても良いかもしれません。

チューリヒを2時間位で満喫出来るコース

メイン通り「Bahnhofstrasse バーンホフシュトラッセ/駅前通り」から「Furaumuenster フラウミュンスター」で大聖堂とステンドグラスを見学〜「Grossmuenster グロスミュンスター」でチューリヒのランドマークのひとつ、2本の塔が印象的な大聖堂の塔から眺望を堪能〜「Niederdorf ニーデルドルフ(カフェやショップが立ち並ぶ旧街道)」で休憩し、〜「Zuerich Hauptbahnhof チューリヒ中央駅」と散歩すると、ゆっくり歩いても、ぐるっと中心部を2時間位で満喫出来るコースです。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/06/22)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索