page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
スイス・チューリヒ・エアライン・空港の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

世界人気空港ランキング常連〜チューリッヒ国際空港〜その理由に納得


掲載日:2016/07/12 テーマ:エアライン・空港 行き先: スイス / チューリヒ

タグ: たのしい 穴場 珍しい


空港は最早、ひとつの街なのです

チューリッヒの都市部からもアクセスが便利な場所に位置するチューリッヒ国際空港。電車、バス、トラムの利便性も抜群です。 チューリッヒの都市部からもアクセスが便利な場所に位置するチューリッヒ国際空港。電車、バス、トラムの利便性も抜群です。

毎年、様々な旅行雑誌が統計をとる「旅行者が選ぶ世界の空港ランキング」なるものをご存知ですか?空港内施設の充実性はもちろんのこと、空港スタッフの対応や市街へのアクセス、トランジット等の利便性などなど多岐に渡る項目を総合した結果で順位付けされています。2015年とある旅行サイトが行った調査によると、スイス最大規模のチューリッヒ国際空港はこのランキングにて、堂々6位にランクイン。現在約220もの都市に就航しており、フラッグキャリアであるスイスインターナショナルの本拠地でもあります。

空港が更に便利に!新チェックインカウンターも披露

広い!こちらのターミナルは日本にはちょっと馴染みがない、主に欧州内エアラインのチェックイン専門になっています。 広い!こちらのターミナルは日本にはちょっと馴染みがない、主に欧州内エアラインのチェックイン専門になっています。

数年かけて行われた改修工事により、新しいチェックインカウンターやレストラン街、そして駐車場の拡充などが一部終了し、徐々にその全貌が明らかになってきました。オシャレなカフェスペースができたり、ショッピング街には新たなショップが併設されるなど、ますます空港での時間を楽しむ工夫が凝らされています。また新ターミナルのチェックインカウンターは広々としたスペースが設けられ、こちらも混雑緩和も大いに期待できそうです。

空港をもっと楽しもう!

これから出発のときも、家路につくときにもここひとつで買い物が済ませられる、スイスではお馴染みの大手スーパー、Migros(ミグロ) これから出発のときも、家路につくときにもここひとつで買い物が済ませられる、スイスではお馴染みの大手スーパー、Migros(ミグロ)

空港は何も飛行機を利用する人のためだけではありません。今ではアクティビティを目的に空港を訪れる人も少なくありません。そういった人々のために他とは違った個性をアピールする、それがこれからの空港の課題でもあるでしょう。そういった意味で、ここチューリッヒ国際空港はアクセス等のハード面はもとより、あらゆるショップや、本屋、スーパーマーケットを始め、全面ガラス張りにより外光と景色を存分に楽しめる空間や、小さなお子様連れのやお祈りを習慣とする方のための専用スペースなどを設けるなど、様々な目的の利用客のための施設が充実しています。

日曜日はファミリー層に大人気のエアポートテラス

テラス内には空港にちなんだ遊具が設けられており、子ども達も大はしゃぎ! テラス内には空港にちなんだ遊具が設けられており、子ども達も大はしゃぎ!

せっかく空港に来たからには、もっと近くで迫力ある機体を眺めたい!そんな人には、見学者用B展望テラスがおススメです。こちらは特に日曜日ともなると小さなお子さん連れの親御さんらで大賑わい。お子さん達も大きなジャンボジェットを間近に見られるとあって興奮!テラスに出るためには一旦セキュリティチェックを受け、入場料として大人5CHF、10〜16歳のお子様2CHFを払う必要があります。遮るもののない広々としたテラスで各航空会社の機体が駐機している風景や、それらが大きな音と共に飛び立っていく様は圧巻です。

関連情報

スイスインターナショナルの新型機であるボーイング777-300ERには、現在2500人もの社員の顔が機体にプリントされています。 スイスインターナショナルの新型機であるボーイング777-300ERには、現在2500人もの社員の顔が機体にプリントされています。

■Zurich Airport
■URL http://www.zurich-airport.com(独・英・仏)

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2016/07/12)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索