世界遺産「古代都市パルミラ(パルミラ)」の詳細情報

シリアの世界遺産・名所ガイド

Site of Palmyra

古代都市パルミラ

名称:古代都市パルミラ(シリア
英語名称:Site of Palmyra
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1980年

ローマ帝国の庇護を受けたシルクロードの隊商都市

ダマスカスの北東、シリア砂漠の中央にあるパルミラは、紀元前1世紀ごろから後3世紀まで、隊商たちの行き交うシルクロードの中継地として栄えた。そのころこの地は地下水に恵まれ、ナツメヤシが茂るオアシスだった。2世紀には、ローマ帝国に征服された隊商都市ペトラから通商権を受け継ぎ、ローマ帝国の庇護のもとで黄金期を迎えた。しかし3世紀末、女王ゼノビアがローマ帝国から独立しようとして失敗。パルミラの街はローマ軍に破壊され、廃墟となった。その後は要塞として使用されたが、交易路の変化などにより衰退の道をたどった。現在のパルミラには、神殿、劇場、公共浴場、四面門、列柱道路など保存状態のよいローマ様式の建造物が多数残されている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!シリアの世界遺産最新情報

2016/11/27 世界遺産

世界三大古代ローマ遺跡はどこか?〜世界遺産パルミラの悲劇

シリア旅行イメージ-破壊される前のパルミラ遺跡(2000年頃撮影) 破壊される前のパルミラ遺跡(2000年頃撮影)

シリアにある古代ローマ遺跡のパルミラは、個人的に、世界三大古代ローマ遺跡のひとつだと思っていました。ですから2015年8月、ISによって襲撃され、ベル神殿とバールシャミン神殿が破壊されたニュースを観て強いショックを受けました。パルミラが繁栄したのは、紀元前1世紀から後3世紀までのこと。広大なシリア砂漠の中のシルクロードのオアシスとして発展しました。パルミラの語源は「パーム」。すなわちナツメヤシと言われるように、今でもここには遺跡の背後に緑のナツメヤシ畑が広がっています。その他は黄土色の砂漠に覆われ、かつて昔の人々が、この町に辿り着いて、どれほどホッとしたのかわかります。壮大なベル神殿の先には凱…続きを見る


シリアの世界遺産ガイド記事

シリアの記事一覧を見る


「パルミラ」を含むツアー一覧


最安料金万円

合算 目安 8.74万円
旅行代金: 8.68万円
燃油目安: 0.06万円
7日間
東京発

シリア ツアー

ビーチ&シティ ベトナム☆白砂のファンティエットビーチ☆ベトナム雑貨プレゼントなど5大特典付

ホテル:リバーサイド・ホテル(ホーチミン)、パル…
航空会社:ベトナム航空 指定

日程表を見る

...・夫婦向き ●ビーチに面した「パルミラ・リゾート」に2泊滞在 ●広いプ......テル パルミラリゾート ファンティエットのビーチ ホテル パルミラリゾー...

旅行会社/ブランド:ファイブスタークラブ☆


世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


シリアの世界遺産「古代都市パルミラ」についてご紹介します。古代都市パルミラの観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。