ケロアン旅行・ケロアン観光徹底ガイド

ケロアン旅行・ケロアン観光徹底ガイド

ケロアン旅行・観光の見どころ・観光情報

チュニスから160km離れた古都で、北アフリカにおけるイスラム発祥の地。中世以来の古い街並みがよく残っていて町全体が世界遺産になっている。7世紀後半にウマイヤ朝の軍の駐屯地が置かれて以来、アグラブ朝、ファティマ朝、ズィーリ朝と歴代のアラブ王朝の都として栄えた。メッカ、メディナ、エルサレムに続くイスラム第4の聖地ともいわれ、各地から多くの巡礼者を集めている。おすすめの観光名所は、チュニジア最古のモスクであるグラン・モスク、壁一面のアラベスクが美しいシディ・サハブ霊廟、9世紀から今に続く市民の水源アグラブ朝の貯水池、メッカに通じているといわれるビル・バルータと呼ばれる井戸などだが、旧市街を散策するだけでも楽しい。(2016年9月編集部調べ)

言語 通貨 レート(2017/03/27現在) フライト時間 現地との時差
アラビア語、フランス語 TND 1 TND = 48.8214 JPY 約17.0時間 約-8時間

ケロアンの人気問合せ情報

ケロアンの最安値カレンダー

ケロアンへ行くツアーを見る

ケロアン旅行・観光の選び方

世界遺産に登録されたイスラムの古都。チュニジアを周遊するツアーで訪れよう

ケロアンを含む旅行のツアー期間は7〜10日間。ケロアンはチュニジア中南部を訪れるツアーには、かならず含まれている。旧市街全体が世界遺産とあって、散策だけでも楽しい。北アフリカで最古のモスクといわれるグラン・モスクは非ムスリムでも入ることができ、写真撮影も可能。ただイスラムの古都なので肌を露出した服装は避けたほうがいい。シディ・サハブ霊廟は北アフリカでもっとも美しい廟といわれている。9世紀に遡るアグラブ朝の貯水池もぜひ見たい。また、ケロアンはじゅうたんの生産でも知られ、旧市街にはたくさんのじゅうたん屋がある。定価ではないので、購入の際にはじっくり交渉しよう。何軒かまわって相場を知っておくと有利だ。クスクス、シャクシューカなどチュニジア料理も楽しみたい。(2016年9月編集部調べ)


ケロアンのグルメ・伝統料理

ケロアンに寄るツアーの多くは食事付きで、その場合はホテルやローカルレストランでの食事になる。町のレストランやカフェは、観光の中心となるメディナ(旧市街)やそのすぐ外側に点在しているが、数は多くはない。食事をするならあらかじめ場所を確認しておいたほうがいい。グルメ向きの凝った料理はないが、たいていセットメニュー(前菜、クスクス、フルーツなど)が用意してあり、飲み物を入れて予算はだいたいひとり1000円〜。アラカルトだともう少し高くなる。(2015年編集部調べ)

ケロアンのショッピング情報

ケロアンは手織りの絨毯が特産として有名だ。メディナ(旧市街)の中の土産物店には、必ずといっていいほどこの絨毯が売られているが、安い買い物ではないので相場をよく調べ、専門店で買ったほうがいい。チュニジア土産の定番の、香水やガラス瓶、陶器、タイル、革製品、アクセサリー、シーシャ(水たばこ)の道具、銅などの金属製のお皿、スパイスの詰め合わせ、楽器などは、メディナの土産物屋で買える。基本的に値札は付いていないので、がんばって交渉しよう。(2015年編集部調べ)

ケロアンの気温・降水量ベストシーズン情報

1年を通じ温暖な気候。夏は気温が30度以上にのぼることも多いが、乾燥しているため日陰は快適だ。服装は夏服が基本だが、朝晩は冷えるので上着を持参。観光には暑すぎずおだやかな春と秋がベストシーズン。(2015年編集部調べ)

ケロアンの人気ツアー

ケロアン旅行・ケロアン観光徹底ガイド

ご希望にあうツアーがございませんでした。
申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

戻る


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook