page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

スース旅行・スース観光徹底ガイド

スース旅行・観光の見どころ・観光情報

チュニジア第3の都市スースは、「サヘルの真珠」と呼ばれる美しい町。城壁に囲まれた旧市街は、世界遺産にも登録されている。石畳に覆われた旧市街は、9世紀に建てられた壮大なグラン・モスクの背後に、にぎやかなマーケットが広がる。要塞として建てられたリバトの塔には登ることができるので、上からスースの美しい町並みを眺めてみよう。歴史を感じさせる旧市街とは対照的に、北側には白砂のビーチがつづき、ゴージャスなリゾートホテルが並ぶエリアになっている。名物のタラソテラピースパも楽しめる。(2016年9月編集部調べ)

スースへ行くツアーを見る

言語 通貨 フライト時間 現地との時差
アラビア語、フランス語 TND 約14.5時間 約-8時間

スースの人気問合せ情報

スースの最安値カレンダー

スース旅行・観光の選び方

地中海のビーチでまったりしたあとは、旧市街で歴史を散策したい

スースへのツアー期間は8〜10日間。欧米観光客はビーチリゾート目当てでやってくるが、世界遺産になっている旧市街の散策はぜひしたい。巨大なグラン・モスクと、リバトの塔、野菜、肉、香辛料、絨毯、日用品とあらゆる品を扱っている市場は、つねに大勢の人びとでにぎわっている。スースの北約5kmには、高級リゾート地ポート・エル・カンタウイもある。また、車で1時間ほどの近郊には、世界遺産のローマ円形闘技場があるエル・ジェムといった名所もある。ツアーに含まれているかどうか事前に確認しておこう。旧市街には伝統的な生活用品などを展示した「カラウト・エル・コウバ博物館」もある。市場で土産物をみつくろったあとは、レストランでチュニジア料理のクスクスやシャクシューカを堪能しよう。(2016年9月編集部調べ)


スースのグルメ・伝統料理

たいていのツアーは食事付きで、ホテルでのビュッフェがセットされている。宿泊客はヨーロッパ人が多いので、ビュッフェの料理はチュニジア料理と西洋料理が同程度。地元の料理が食べたいグルメには、ビーチエリアにあるシーフードレストランが人気だ。注文はまず魚などの食材を自分で選び、グリルやフライなどの料理法を指定する。値段は目方(キロ単位)で言われることが多い(通常は調理代込み)。ポテトなど付け合わせがたっぷりなこともあるので、頼みすぎないように。(2015年編集部調べ)

スースのショッピング情報

大型ホテル内には必ず土産物屋が入っているが、せっかくここに来たらメディナ(旧市街)に行ってみよう。その際、先にメディナの入口にあるショッピングモールで商品の値段をチェックしておくといい。メディナの中心街となるのは、グランドモスクの西側のアングルテール通り。途中からエルマール通りと名を変えるが、この通り沿いには土産物屋や商店、カフェなどが並びにぎやかだ。スース特産というものは特にないが、陶器や革製品、アクセサリーや絨毯、キリムの類いまで、チュニジアの土産はひと通り揃う。(2015年編集部調べ)

スースの気温・降水量ベストシーズン情報

地中海性気候で年中温暖。夏は気温が30度以上になることも多いが、乾燥しているため日陰は快適。服装は夏服が基本だが、朝晩は冷えるので上着を持参。観光には春と秋、ビーチ目的なら6〜9月がベストシーズン。(2015年編集部調べ)

スースのオススメツアー

スース旅行・スース観光徹底ガイド

1件ヒットしました (1旅行会社 16.80〜23.30万円)
  • 1|

合算燃
目安
16.80
23.30

旅行代金: 16.20〜 22.70

燃油目安燃: 0.60

8日間

羽田発

ホテル:
ホテル未指定
航空会社:
ターキッシュ エアラインズ(日本発:夜)

旅行会社/ブランド: ファイブスタークラブ☆

1件ヒットしました (1旅行会社 16.80〜23.30万円)
  • 1|


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook