世界遺産「古代カルタゴ都市ケルクアンとそのネクロポリス(ケルクアン)」の詳細情報

チュニジアの世界遺産・名所ガイド

Punic Town of Kerkuane and its Necropolis

古代カルタゴ都市ケルクアンとそのネクロポリス

名称:古代カルタゴ都市ケルクアンとそのネクロポリス(チュニジア
英語名称:Punic Town of Kerkuane and its Necropolis
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1985・1986年

共同墓地などを良好な状態で残す都市遺跡

古代カルタゴの都市ケルクアンとそのネクロポリスは、フェニキア人が紀元前6世紀ごろに築いたとされる古代都市と共同墓地の遺跡だ。ネクロポリスとは、「死者の街」という意味のギリシア語で、古典考古学においては、数多くの墓から成る古代の墓地を指している。ケルクアンは、紀元前3世紀の第一次ポエニ戦争の敗北で放棄され再建されず、古代カルタゴの街のようすをそのまま伝える遺構となっている。主に住宅からなり、職人の街だったと考えられている。各家庭に浴室があり排水設備が整っていたこともうかがえる。共同墓地には200基以上の墓が残り、古代カルタゴを知る上で貴重な史料とされている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


チュニジアの世界遺産「古代カルタゴ都市ケルクアンとそのネクロポリス」についてご紹介します。古代カルタゴ都市ケルクアンとそのネクロポリスの観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。