スファクス旅行・スファクス観光徹底ガイド

スファクス旅行・スファクス観光徹底ガイド


スファクス旅行・観光の見どころ・観光情報

首都チュニスに次ぐ第2の都市スファクスは、チュニジアの商工業の中心地。日本でいえば大阪のような都市といえるかもしれない。ただし大都市なのに素朴な雰囲気が漂っていて、城壁に囲まれた旧市街は地元の人たちの熱気であふれかえっている。スファクスの人びとは、自分たちを誇りを持ってスファクシャンと呼ぶ。この町のおすすめの見どころは巨大な魚市場。漁港から直送される新鮮な魚が毎日ふんだんに入ってくる。野菜や肉の市場も併設されている。旧市街の観光名所には、17世紀のスファクスの富豪ダール・ジャウリ一の邸宅がそのまま博物館となった、ダール・ジャウリ館もある。(2016年9月編集部調べ)

ここに行くツアーを探す


スファクス旅行・観光でぜひ訪れたい観光スポット


スファクスの旅行基本情報

言語 通貨 フライト時間 現地との時差
アラビア語、フランス語 TND 約15.0時間 約-8時間

スファクス旅行・観光の選び方

大都市だが観光名所は少ない。チュニジアのツアーでは南部への中継地点で立ち寄ることが多い

スファクスへのツアー期間は8日間から。主流は9〜12日間。チュニジア第2の大都会だが、巨大な魚市場と旧市街の町並み、ダール・ジャウリ館以外には観光名所と呼べるものは少ない。南部のトズール、ドゥーズ、マトマタ、ジェルバ島などを訪れる際の中継地的な町として利用するのが一般的だ。南部のどの観光地を訪れるか事前に検討した上で、ツアーを選びたい。活気あふれる魚市場を見物したあとは、町なかのシーフードレストランで新鮮な魚介類を、名産のチュニジアワインとともに味わおう。(2016年9月編集部調べ)


スファクス観光のこだわりポイント

複数の遺産を一挙に世界遺産
エル・ジェムの円形闘技場、ケロアン、スース旧市街などの世界遺産へ楽々アクセスできる立地。国内8カ所の世界遺産網羅も可能!
南部はガイド付きが吉終日観光付き
スファクス以南は交通が不便な南部地方。サハラ砂漠もマトマタも、移動手段とガイドの案内があれば安心して旅を楽しめる。
のんびりアナログな旅鉄道の旅
チュニスからはスース、エル・ジェム、スファクスと南に下る鉄道の路線も。のんびり列車に揺られて旅するのも楽しい。

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


スファクス旅行の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによる見どころレポートや旬な情報のほか、スファクス観光情報が満載。
スファクス旅行を楽しむなら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。