page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

チュニス旅行・チュニス観光徹底ガイド

チュニス旅行・観光の見どころ・観光情報

北アフリカ屈指の近代都市である首都チュニス。ヨーロッパ的な新市街と、8世紀以来のイスラム都市の伝統を色濃く残す旧市街との対照が魅力だ。世界遺産に登録されている旧市街メディナは、イスラム都市として発展した。城壁に囲まれた旧市街には、細い路地が迷路のように入り組み、金物細工や陶器、水パイプ、香辛料などを扱う店が軒を連ね、行き交う人びとの熱気にあふれている。また、世界屈指の古代モザイクを収集してるバルドー博物館はせび訪れたい。近郊には同じく世界遺産の古代カルタゴの遺跡や、青と白の家並みが美しいシディ・ブ・サイドの町など、日帰りツアーにおすすめの観光名所もある。(2016年9月編集部調べ)

チュニスへ行くツアーを見る

言語 通貨 フライト時間 現地との時差
アラビア語、フランス語 TND 約15.5時間 約-8時間

チュニスの人気問合せ情報

チュニスの最安値カレンダー

チュニス旅行・観光でぜひ訪れたい観光スポット

チュニス旅行・観光の選び方

チュニジアの玄関口となる首都。世界遺産の旧市街や郊外のカルタゴ遺跡が見どころ

チュニスを訪れるツアーは、6日間のチュニス滞在のフリープランからある。チュニスを起点にチュニジアを周遊するものは、ツアー期間が8〜12日間。チュニスは、チュニジア旅行のスタート地点であるとともに、世界遺産に登録されている旧市街をもつ観光都市でもある。見どころは、旧市街とそこにあるグラン・モスク、そしてモザイク画の世界的コレクションで知られるバルドー博物館など。迷宮のようなメディナには、陶器、アクセサリー、ランプ、アラベスク模様の飾り皿など、エキゾチックな雑貨がいっぱい。だれもが歴史の授業で耳にしたことのある世界遺産のカルタゴ遺跡も、電車で30分ほど。そのすぐそばには、青と白のコントラストが美しいシディ・ブ・サイドの町もある。(2016年9月編集部調べ)


チュニスのグルメ・伝統料理

チュニスにはイタリアンやフレンチ、中華、和食などの各国グルメもあるが、なんといってもチュニジア料理の店が圧倒的に多い。庶民的な安価な食堂から豪邸を改造した高級レストランまでロケーションや雰囲気は様々なので、地元の人におすすめの店を聞いてみては。前菜には野菜を細かく切った「チュニジアン・サラダ」、定番スープ「ショルバ」、具入りの揚げクレープ「ブリック」等々。メインには野菜や魚介類をトマトソースで煮込んだ「オジャ」や有名な「クスクス」などを。辛くも脂っこくもなく、日本人の口によく合う。(2015年編集部調べ)

チュニスのショッピング情報

フランス保護領時代に築かれたチュニスの新市街はまるでヨーロッパの街角のような佇まいで、お洒落なショップやカフェが連なっている。だが、旧市街メディナに一歩入るとそこは喧騒に満ちたアラブの世界。地元の人が買い求める日用品から観光客向けの土産品まで、あらゆるモノとヒトで溢れている。チュニスでのショッピングは、この対照的な2つのエリアを必要に応じて使い分けながら楽しみたい。(2015年編集部調べ)

チュニスの気温・降水量ベストシーズン情報

暑さ寒さが厳しい内陸の砂漠気候とは異なり、地中海に面したチュニスとチュニジア北部は、夏はほとんど雨が降らずに乾燥し、冬は逆に雨が多いが温暖な地中海性気候に属している。旅のベストシーズンは、晴天が多い春から初夏にかけての4〜6月ごろ。真夏は気温がかなり高くなるが、湿度が低いので日陰にいればしのげる。ただし日向を歩く遺跡観光では日射病に気をつけ、帽子やサングラスの用意が必要だ。12〜2月の気温は低いが、観光には支障のない寒さだが、雨具の用意があるといい。(2015年編集部調べ)

現地ガイド発!チュニスの観光最新情報

  • チュニスのオススメツアー

    チュニス旅行・チュニス観光徹底ガイド

    ご希望にあうツアーがございませんでした。
    申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

    戻る


    ソーシャルメディアアカウント

    • twitter

    • facebook