page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

アンカラ旅行・アンカラ観光徹底ガイド

アンカラ旅行・観光の見どころ・観光情報

アナトリア半島の内陸にあるアンカラは、トルコ共和国の首都。ローマ時代からある古い町だが、大きく発展したのは1923年の共和国誕生で首都になってから。イスタンブールが経済やビジネスの町なのに対し、こちらは政治の町だ。観光名所には、トルコ建国の父を祀るアタチュルク廟、アンカラ城、ローマ浴場跡などがあるが、アンカラに立ち寄るツアーが必ず訪れるのは、アナトリア出土の発掘品を中心に展示したアナトリア文明博物館だ。ここに展示されたアッシリアやヒッタイト時代の、ギリシア文明の影響が現れる以前の古代の遺物は貴重だ。アンカラはまた国内各都市への飛行機やバスの発着も多いアクセス都市。内陸部への観光拠点として利用できる。(2016年9月編集部調べ)

アンカラへ行くツアーを見る

言語 通貨 フライト時間 現地との時差
トルコ語 YTL 約15.5時間 約-7時間

アンカラの人気問合せ情報

アンカラの最安値カレンダー

アンカラ旅行・観光の選び方

トルコ周遊ツアーで訪れるトルコ共和国の首都。アナトリア文明博物館は見逃せない

アンカラへはトルコ周遊のツアーで訪れるのが一般的で、ツアー期間は8〜12日間が中心。アンカラでの観光は、アナトリア文明博物館とアタチュルク廟に寄るぐらいだが、ここから足を延ばして、カッパドキア、ヒッタイトの遺跡があるボアズカレ、トルコの古民家が残るサフランボルなどの世界遺産へ向かうものが多い。アンカラ自体は、活気のある商業の中心のクズライ地区、下町的な雰囲気のウルス地区などに分かれているが、バスや地下鉄で移動できるので、フリープランでも大丈夫。食事に関しては、トルコ料理以外にも各国料理が食べられるレストランも少なくない。(2016年9月編集部調べ)


アンカラのグルメ・伝統料理

トルコの首都であるアンカラは、オスマン帝国時代は小さな町にすぎなかったため、特に伝統料理があるわけではないが、大都市ならではの美味しい料理がたくさん味わえる。グルメとしては、ケバブをはじめ、トルコの家庭料理やモダントルコ料理がおすすめ。アンカラ城内には、伝統的トルコ建築の屋敷を改装したオシャレなレストランがあり、伝統トルコ料理や家庭料理が味わえるので、おすすめ。内陸にありながら、意外と新鮮で美味しい魚が食べられるのも、アンカラの嬉しいところ。(2015年編集部調べ)

アンカラのショッピング情報

トルコ第二の大都市なので、ショッピングモールも数多くあり、トルコブランドは勿論、海外のブランドものも手に入る。町の中心部から比較的近いエリアのソーウットゥズにある「アルマダ(Armada)」ショッピングモールは、大規模で様々なブランド、ブティックが揃っており、観光客にも行きやすい立地なのでおすすめ。(2015年編集部調べ)

アンカラの気温・降水量ベストシーズン情報

天気の良い春から秋にかけてがおすすめ。夏は暑いが乾燥しているので、過ごしやすい。冬は雪が積もる程の寒さなので防寒の服装が必要。(2015年編集部調べ)

現地ガイド発!アンカラの観光最新情報

  • アンカラのオススメツアー

    アンカラ旅行・アンカラ観光徹底ガイド

    2件ヒットしました (1旅行会社 16.00〜18.10万円)
    • 1|

    合算燃
    目安
    17.80
    18.10

    旅行代金: 17.80〜 18.10

    燃油目安燃: 0.00

    10日間

    成田発

    ホテル:
    グランドヤヴズ、パム・サーマル・ホテル、エブルル・コナック、セルガー・…
    航空会社:
    カタール航空(日本発:夜)

    旅行会社/ブランド: ファイブスタークラブ☆

    合算燃
    目安
    16.00
    16.30

    旅行代金: 16.00〜 16.30

    燃油目安燃: 0.00

    9日間

    成田発

    ホテル:
    グランドヤヴズ、エブルル・コナック、セルガー・ホテル
    航空会社:
    カタール航空(日本発:夜)

    旅行会社/ブランド: ファイブスタークラブ☆

    2件ヒットしました (1旅行会社 16.00〜18.10万円)
    • 1|


    ソーシャルメディアアカウント

    • twitter

    • facebook