page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
トルコ・アンタルヤ・リゾートの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

輝く太陽に、青い地中海☆美しい白浜の広がるリゾート地 “アランヤ”


掲載日:2008/04/11 テーマ:リゾート 行き先: トルコ / アンタルヤ

タグ: すごい! ビーチ リゾート 絶景 美しい


日本ではまだ殆ど知られていないリゾート

アランヤのシンボル的存在、クズル・クレと、ホテルが林立する海岸線 アランヤのシンボル的存在、クズル・クレと、ホテルが林立する海岸線

トルコの地中海沿岸は、ヨーロッパの人達にも人気のリゾートエリアが点在しています。美しいビーチが広がり、大型高級ホテルから小さなペンションまで宿泊施設も様々。またこの地方は、歴史的にも重要な役割を果たしてきた街が多く、遺跡が多いのも特徴です。そんな地中海沿岸の街の中から、日本ではまだあまり知られていないリゾート地を紹介しましょう。アランヤ(Alanya)という街です。

クレオパトラゆかりの地

地中海地方の中心都市・アンタルヤより東に約120km。美しい白浜の広がる街・アランヤに到着です。近年は、北ヨーロッパやロシアからの観光客にとっても人気のエリアなんです。ここは、紀元前からの港町で、ローマ帝国時代のマルクス・アントニウスの治世、クレオパトラにこの地を捧げられたこととしても知られています。また、セルジュ−ク朝時代の建築物も多く残されているなど、歴史的見どころもたくさん

崖の上に建つ城塞からの眺めは最高

城塞内に残されたビザンティン時代の教会。長い年月、この街を静かに見守ってきたかのような厳かな佇まいです 城塞内に残されたビザンティン時代の教会。長い年月、この街を静かに見守ってきたかのような厳かな佇まいです

この街のシンボル的建築物、ヨットハーバーの横に建つレンガ色の大きな塔は、「クズル・クレ」といい、トルコ語では「赤い塔」の意味です。13世紀、セルジューク朝時代に建てられた港の見張り塔です。
突き出た半島のてっぺんには、セルジューク朝時代に大々的に改修された城塞があります。険しい崖の上に建つため、道のりはちょっとキツイですが、タクシーを手配するなどして登ってみる価値は大!というのも、この城塞からの眺めがと〜っても素晴らしいのです。紺碧の地中海と、どこまでも続く美しい海岸線が一望できるんですよ。また、この城塞内には、ビザンティン時代の教会跡も残されています。
そして、もう一つの見どころは、ダムラタシュ洞窟。半島の西側にある鍾乳洞で、鍾乳石は赤茶色の縞模様のあるのが特徴です。この洞窟の中の空気は、喘息に良いとも言われています。洞窟へは、ホテルからのボートツアーを利用するのが便利です。

華やかなビーチリゾートで過ごす時間も素敵ですね

断崖絶壁の上に建つ城塞からの眺めは最高。どこまでも続く白砂のビーチが美しい 断崖絶壁の上に建つ城塞からの眺めは最高。どこまでも続く白砂のビーチが美しい

輝く太陽に、青い地中海、これぞリゾートという雰囲気抜群のアランヤ。もちろん、ナイトライフも満喫出来ますよ。海岸沿いには色々なバーやクラブが林立。全く飽きさせません。また、大型の高級リゾートホテルは、街の中心からちょっと離れたエリアにあります。トルコのビーチリゾートも、とっても素敵な時間が過ごせると、年々人気が高まっているんですよ。

【関連情報】

■アランヤへの行き方
空港のあるアンタルヤまで、イスタンブールより飛行機で1時間15分。長距離バスだと約12時間。どちらも、多数出ています。アランヤへは、アンタルヤよりバスで約2時間。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/04/11)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索