page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
トルコ・ブルサ・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ブルサの名物はマロングラッセとイスケンデル・ケバブ


掲載日:2020/06/21 テーマ:グルメ 行き先: トルコ / ブルサ

タグ: おいしい スイーツ レストラン


意外と知られていないトルコのマロングラッセ

栗そのものの味が良く判る上等なブルサのマロングラッセ(写真提供:トルコ共和国大使館・文化広報参事官室) 栗そのものの味が良く判る上等なブルサのマロングラッセ(写真提供:トルコ共和国大使館・文化広報参事官室)

マロングラッセがブルサの名物であることをご存知だろうか。オリーヴやピスタチオの木はトルコの乾いた大地でよく見かけるが、栗など見たことがないという方が多いのでは。確かに乾いた土地が多いトルコだが、ブルサには2000m以上の高い山があり、すそ野に森が広がっているため栗の木が良く育つ。栗は17世紀のオスマン帝国時代からブルサの名産だった。マロングラッセはケスターネ・シェケリと呼ばれ、トルコの伝統菓子になっている。イスラム教なのでラム酒などアルコール類は使わず、栗の甘露煮のような感じだ。ブルサにはマロングラッセの専門店がある。いずれも西ヨーロッパ風の店構えで、土産用のパッケージなどはまるでウィーンのチョコレート店に並んでいる小箱のよう。家庭用にはプラスチック容器に入った徳用品や“くずれマロン”のような袋入りもある。

マロングラッセ店とは対照的に日常的で庶民的なバザール

屋根のターコイズブルーがいかにもトルコらしい、ブルサ中心部のロングバザール 屋根のターコイズブルーがいかにもトルコらしい、ブルサ中心部のロングバザール

最も有名なマロングラッセ専門店はカフカスKafkas。カフカスとはコーカサスという意味で、もともとはコーカサス地方からブルサにやって来た移民が開いた店だった。栗の甘露煮で成功し、マロングラッセ店の創業者となる。カフカスによって栗はトルコに広まった。もう一軒、栗で有名な店はKardelenカルデレン。カフカスがトルコ全土に支店があるのに対し、カルデレンはブルサに本店と支店があるのみ。2軒とも観光客がよく訪れている。その一方で、地元の人たちが買い物をするのは中心部にある庶民的なuzun carsiロングバザール。その名の通り長いアーケードで、15世紀に造られたブルサ最古のバザールだ。2015年に改装されて現在の様に新しくモダンになった。食品や雑貨だけでなく、嫁入り道具のような生活必需品もあるので若い娘さんが母親と一緒に家具などを選んでいる姿も見かける。

ブルサで生まれたヨーグルト添えのケバブ

これが老舗イスケンデルのイスケンデル・ケバブ これが老舗イスケンデルのイスケンデル・ケバブ

もうひとつ、ブルサ名物として欠かせないのがイスケンデル・ケバブ。ケバブは大きく分けて3種類ある。日本の焼き鳥のような串焼きタイプ、櫛にミンチ肉を固めた“つくね”タイプ、そしてスライスした肉を大きな垂直の鉄棒に巻き付け、回転させながら外側を焼いて焼けた部分をナイフでこそぎ取るドネル(回転)タイプだ。イスケンデル・ケバブはドネルケバブに属する。ドネルケバブは今日世界中に広まってポピュラーなトルコのファストフードになった。しかしここブルサのイスケンデル・ケバブは創業者イスケンデルが考案した独特なもの。地元産の羊肉を使い、ピデ(ピッツァ生地を焼いたもの)の上にスライスしたケバブを乗せる。これに煮たてた純良バターをたっぷりかけて、付け合わせにトマトのスライスとヨーグルト、そして色取りにグリーンのパプリカを添える。

ブルサへ来たらイスケンデル本店でオリジナルのケバブを

イスケンデルの本店は珍しい木調の外観。内部もクラシックで雰囲気がある イスケンデルの本店は珍しい木調の外観。内部もクラシックで雰囲気がある

トルコでヨウルトと呼ばれているヨーグルトは、料理に使われるときは水分が少なくてどっしりと重く、まるで布で濾したかのよう。純粋そのものの味でこれだけ食べても非常に美味しい。メゼ(前菜)にも使われているヨーグルトはケバブの付け合わせに良く合う。この食べ方を考案したのがブルサのイスケンデル・エフェンディという人で、1867年のことだった。ヨーグルトを添えたケバブは瞬く間に広まり、イスケンデル・ケバブと名前が付いて世界に知られるようになる。ブルサの中心部、アタチュルクの騎馬像がある交差点近くにクラシックな店構えの本店があり、本家本元だけあっていつも混み合っている。因みにイスケンデルとはペルシャ語、アラビア語でアレキサンダーのこと。あのアレキサンダー大王に因んで、トルコでは好んで付けられる男子の名前だ。こちらのイスケンデルさんも、ヨーグルトケバブで世界を制覇したのではないだろうか。

データ

ブルサ市の紋章。モスクの前に剣を持って踊る人が描かれている ブルサ市の紋章。モスクの前に剣を持って踊る人が描かれている

カフカス
Kafkas
Alaattinbey Mah. Alaattinbey Koy Yolu Cad. No: 8 16120 Nilufer / BURSA
Tel. +90 (224) 413 22 00
https://www.kafkas.com/hakkimizda.aspx


イスケンデル・ケバブ
Kebabci Iskender
Unlu Cd 7 Kayhan Mh., 16230 Bursa
Tel. +90 (224) 4441681
http://www.iskender.com.tr/

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/06/21)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索