page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
トルコ・ブルサ・遺跡の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

キリスト教の教義が定められたローマ帝国の町ニカイア、トルコのイズニック


掲載日:2020/10/27 テーマ:遺跡 行き先: トルコ / ブルサ

タグ: 街歩き 史跡 珍しい


イズニックタイルの町でその昔キリスト教の会議が開かれた

11世紀、地震で壊れた後に再建された聖ソフィア聖堂 11世紀、地震で壊れた後に再建された聖ソフィア聖堂

「三位一体」という言葉をよく耳にするであろう。ヨーロッパへ行けば色々な町の広場で三位一体柱を目にする。大きくて立派な柱で神とイエス・キリスト、そして聖霊の3つを現した彫像があり、ヨーロッパの多くの町でペストが終焉したとき神に感謝を捧げるために建柱されている。三位一体とは、父なる神とその子イエス・キリスト、そして聖霊の3つが一体である、というキリスト教の教えである。何だか解りにくいけれど、難しいことはさておき、これはニカイアという所に宗教関係者が集まって決めたことであり、「ニカイア信条」と呼ばれているキリスト教の基本的教義なのだ。この重要な町ニカイアは現在どこにあるかというと、トルコの西北、ブルサ県にある。町の名前は現在イズニック。あのイズニックタイルで有名な町なのである。

世界史に登場するニカイア公会議

救貧施設イマーレトは博物館になって町の出土品や古いイズニックタイルなどが展示されている 救貧施設イマーレトは博物館になって町の出土品や古いイズニックタイルなどが展示されている

ニカイアという当時の名は紀元前310年頃、マケドニア王国の将軍リュシマコスがこの町を制したときに彼の妻ニケアに因んで名付けたものだった。ニケアは古代ギリシャ語で勝利を意味するニケ(英語ではナイキ)のこと。当時のニカイアは古代都市間の主要街道が交差する場所だったので交易が栄えた。その後、ローマ皇帝コンスタンティヌス一世が325年にキリスト教の教義を討議する会議をこの町で開いた。それが「ニカイア公会議」である。ニカイアはその後も東ローマ帝国の町として栄えていたが1331年、オスマン帝国の2代目オルハンによって占領され、以後はイスラム教徒の町イズニックとなった。三位一体論議が交わされたニカイア公会議のことは世界史に出てくるので誰でも知っている。あのニカイアが、このイズニックだったなんて!タイルの町イズニックにこんな壮大な歴史があったことに驚く。

古代ローマ時代、東ローマ帝国時代、オスマン時代の建物が混在

町の東側を固めていた非常に古い市壁とレフケ門 町の東側を固めていた非常に古い市壁とレフケ門

現在のイズニックは小さな地方都市。鉄道が敷かれなかったことから経済は発展せず、古代ローマ遺跡とタイルで知られる観光都市になっている。遺跡は全て15世紀以前のもので、2世紀に建設されたものもあるため、とてつもなく古い。自然に風化していった部分もあればトルコには地震もあるので度重なる大地震で壊れていった部分も多い。町の中心部に保存された聖ソフィアAya Sofyaは6世紀、ユスティニアヌス帝の時代に大聖堂として建設され、787年にここで第7回目の宗教会議が開かれている。11世紀に再建された聖ソフィアは1331年にオスマン帝国が町を支配してからモスクに変えられて使われていた。オスマン帝国第3代目のムラト一世が母ニルフェル・ハトゥンを追悼して1388年に建設した救貧施設イマーレトはイズニック博物館になっており、ビザンティン時代の遺物などが展示されている。

かつて学びの場だったメドレセはカフェやショップに

かつてのメドレセSuleyman Pasa Medrese の中庭は素敵な空間になっている かつてのメドレセSuleyman Pasa Medrese の中庭は素敵な空間になっている

旧市街は市壁で取り囲まれている。その市壁はもちろん完全な形ではないが、古代ローマ帝国時代に建設されたものであることを思えば立派な保存状態だ。東側のレフケ門は、2世紀のローマ皇帝ハドリアヌス帝の時代に建設された。朽ちてはいるが門が3重になっており、相当ガードが堅かったことが伺える。オスマン帝国時代に建設されたスレイマン・パシャ・メドレセは、20世紀まで機能していたが、アタチュルク時代に閉鎖された。ここはイスラム教を学ぶための学院だったが、政教分離になってからイスラム寺院付属の学校が無くなり、宗教を志す人は公立の学校で学べるようになった。イズニックのメドレセは現在、陶芸教室やカフェ、ショップになっていてイズニックタイルの美しい陶器を買うことができる。キリスト教の原点だった町とは思えない面白さがイズニックにはある。

データ

中庭に面してイズニックタイルなどのショップが並んでいる 中庭に面してイズニックタイルなどのショップが並んでいる

イズニック博物館 Iznik Muze Mudurlugu
住所:Esrefzada, Muse Sk. No.11,
電話 : +902247571027
開館時間:4月から10月は08:30〜19:00(11月から3月は〜17:00)


聖ソフィア寺院
Ayasofya Cami
住所:Mahmut Celebi, Kili caslan Cd. No:163, 16860 Iznik/Bursa

レフケ門
Lefke Kapisi
住所:C. Ibrahim Pasa Sk. 16890 Iznik/Bursa

スレイマン・パシャ・メドレッセ
Suleyman Pasa Madrasa
住所:Maltepe Cd., 16890 Iznik/Bursa

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/10/27)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索