page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

チャナッカレ旅行・チャナッカレ観光徹底ガイド

チャナッカレ旅行・観光の見どころ・観光情報

チャナッカレは、ダーダネルス海峡に面したエリアの中心都市で、観光ではトロイ遺跡観光のアクセス都市としてよく利用される。イスタンブールからバスや車で南下してくると、連絡船でアジア側のチャナッカレに渡る。町の対岸のゲリボル半島は、第1次世界大戦の激戦地だった。町中の見所ではエーゲ海を望む公園の中に軍事博物館があり、第一次世界大戦当時の大砲などが展示されている。トロイ遺跡までは、町から車やミニバスで行ける。遺跡入り口には大きな木馬があるが、これは近年に再現されたもの。遺跡自体は世界遺産に登録されてはいるが、こぢんまりとした印象だ。時代によっていくつもの層を成しており、説明をよく見ないとわかりにくいかもしれない。(2016年9月編集部調べ)

チャナッカレへ行くツアーを見る

言語 通貨 フライト時間 現地との時差
トルコ語 YTL 約13.0時間 約-7時間

チャナッカレの人気問合せ情報

チャナッカレの最安値カレンダー

チャナッカレ旅行・観光の選び方

チャナッカレはトロイ遺跡への起点。トルコ周遊ツアーで訪れよう

チャナッカレの町そのものには特に見どころはないので、トロイ遺跡への起点として宿泊することがほとんど。せいぜい街中では、第一次世界大戦当時の武器や大砲、史料などが展示されている軍事博物館に寄る程度だ。ツアー期間は8〜10日間のトルコ周遊ツアーが中心。周遊ツアーの場合は、トロイ遺跡で日本語ガイドによる解説があるので、理解が深まるだろう。トロイ遺跡にはきちんとしたレストランはないが、チャナッカレの海岸通りでは旬のシーフード料理が食べられる。他にも、チーズを使った「ペイニル・ヘルヴァス」という、この町の名物お菓子がある。(2016年9月編集部調べ)


チャナッカレのグルメ・伝統料理

北エーゲ海とダーダネルス海峡に面したチャナッカレは、豊かな漁業資源に恵まれた町。なので、グルメとしては、港から揚がった捕れたての新鮮な魚やシーフードがおすすめ。特に、夏の時期によく捕れるサーディン(イワシ)の美味しさは格別。素揚げにしたり、炭火焼にしたり、この町の郷土料理のようなもの。また、「ペイニル・タトゥルス」という、チーズを使ったお菓子も一度は試してほしいもの。(2015年編集部調べ)

チャナッカレのショッピング情報

チャナッカレでは、周辺の町や村で織られたじゅうたんやキリムが有名。小さなサイズのものなら、お土産としてもおすすめできる。また、エーゲ海の特産品であるオリーブを使ったオリーブ石鹸もお土産におすすめ。ハーブ入りやアロマ入りのものなど、種類も豊富。ショッピングは、港より北のエリアの繁華街や、時計塔のあるエリア、そして「アイナル・チャルシュ」という市場内に、お土産ものがたくさん売られている。(2015年編集部調べ)

チャナッカレの気温・降水量ベストシーズン情報

天気の穏やかな春や秋がベスト。夏は暑いが観光出来ない程ではない。直射日光が強いので、日焼け対策の服装・帽子・サングラスは必須。冬の寒さは比較的穏やか。(2015年編集部調べ)

現地ガイド発!チャナッカレの観光最新情報

  • チャナッカレのオススメツアー

    チャナッカレ旅行・チャナッカレ観光徹底ガイド

    2件ヒットしました (2旅行会社 9.99〜25.65万円)
    • 1|

    合算燃 9.99

    旅行代金: 9.99

    燃油燃:旅行代金に含まれています

    8日間

    羽田発

    ホテル:
    ホテル未指定
    航空会社:
    カタール航空(日本発:夜)

    旅行会社/ブランド: タビックスワールド

    合算燃
    目安
    23.65
    25.65

    旅行代金: 20.40〜 22.40

    燃油目安燃: 3.25

    10日間

    成田発

    ホテル:
    グランドヤヴズ、カッパドキア・イン、パム・サーマル・ホテル、アクサン・…
    航空会社:
    ターキッシュ エアラインズ(日本発:夜)

    旅行会社/ブランド: ファイブスタークラブ☆

    2件ヒットしました (2旅行会社 9.99〜25.65万円)
    • 1|


    ソーシャルメディアアカウント

    • twitter

    • facebook