古代遺跡に遭遇できる南東アナトリア

トルコ・ディヤルバクル・遺跡の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

古代遺跡に遭遇できる南東アナトリア

掲載日:2015/01/12 テーマ:遺跡 行き先: トルコ / ディヤルバクル ライター:オキシマ・ヒロミ

タグ: すごい! ロマン 素晴らしい 歴史



ABガイド:オキシマ・ヒロミ

【トルコのABガイド】 オキシマ・ヒロミ
全ガイドを見る
東京在住。2001年にイスタンブールを訪れて以来、トルコに魅せられて取材を重ね『イスタンブールと西北トルコ』(日経BP社)を出版。2014年秋には南東アナトリア地方を徹底取材する。チグリス川とユーフラテス川上流のメソポタミア地方には聖書縁の地や古代遺跡がたくさん。人気観光国トルコの、主にまだ余り知られていない町や地域を紹介する。

乾いた大地の間を流れるチグリス川 乾いた大地の間を流れるチグリス川

トルコにもあるメソポタミア地方

 トルコは、西はギリシャとブルガリアに接し、東はグルジア、アルメニア、イランと国境を接している。いつ、誰が決めたのか、イスタンブールの町を2分しているボスポラス海峡の西側はヨーロッパ大陸、東側はアジア大陸と。トルコのアジア大陸部分は日本で小アジアと呼ばれているアナトリア。その南東部はメソポタミア平野の一部に含まれ、チグリス川はここに源を発している。古代文明発祥の地であり、この辺りの町は紀元前からの非常に古い歴史を持つ。イスタンブールやカッパドキアを訪れることはあっても、南東アナトリアまで足を延ばす機会はなかなかない。古代史が好きな人にはたまらない魅力の南東アナトリアだ。

 

エーイル城の一部、西端部分 エーイル城の一部、西端部分

世界史の初めの方に出てきたチグリス川が目の前に

 南東アナトリアの古都ディヤルバクルから北へ50Kmほどのエーイルという古代遺跡へ車で向かう。町を離れると、辺りには灌木がまばらに生えているだけのアナトリア特有の風景が広がり始めた。ここは乾いた大地。少し背が高い樹木は殆どオリーブだ。乾燥気味の土壌を好むオリーブに、南東アナトリアの気候は適している。40分ほど走り、起伏の激しい岩の丘をいくつも越えた時、突然、眼下に真っ青な川が現れた。チグリス川だ!これが、あのチグリスなのか、と訳もなく嬉しい。これまで目にしてきたヨーロッパの河川とは全く様相が異なる。両岸には荒々しい岩肌を剥きだした低い丘が続き、その岩には無数の洞窟の穴が見られる。それらはアッシリア時代の住居跡だという。

 

今も残るアッシリア王と碑文のレリーフ 今も残るアッシリア王と碑文のレリーフ

想像もできないほど大昔の古跡

 見渡す限り黄色い石灰岩の岩山が続き、その間をチグリス川が悠々と流れて行く。トルコの川は殆どが地中海か黒海へ流れて行くが、この川はペルシャ湾へ流れ入る。背後にはアッシリア時代に建てられたエーイル城が聳える。風雨にさらされて城の形は留めておらず、まるで大きな岩の塊のよう。当時、この城は深い谷に囲まれて安全だったに違いない。西側の壁にはアッシリア王と碑文が彫り込まれている。普段は判別するのが難しいが晴れた日の夕方、西日がここを照らすと見える。丁度夕方で日が射し、王の影がかすかに浮かび上がっていた。右手に大きな斧を持っているのが良く判る。これが彫られた紀元前1000年頃というのは、一体どれくらい昔なのだろうか。

 

かろうじて形を留めているアッシリア王の霊廟 かろうじて形を留めているアッシリア王の霊廟

3000年もの間、風雨にさらされてきた霊廟

 川辺には船着き場もあり、チグリス川を船で遊覧することができる。正確には、ここはチグリス川を堰き止めて作ったダム湖。南東アナトリアの農業生産工程管理手法計画によって川が堰き止められた。その際、いくつかの王の墓など古代遺跡の一部は水に沈んでしまった。水没を免れたアッシリア王の霊廟が前方に見える。15分という短いコースで船に乗り、霊廟近くまで行ってみた。岩を削って作られた霊廟はかなり朽ちてはいるものの荘厳だ。3000年前という途方もない年月が、少し判った様な気がした。アッシリア語で東のことを“アス”と言い、これがアジアの語源になったらしい。因みにボスポラス海峡から東をアジアと決めたのは、古代ギリシャ人であるとか。

 

笑顔でポーズを取るエーイルの若い女性たち 笑顔でポーズを取るエーイルの若い女性たち

 データ

ディヤルバクルへはイスタンブールから東へ飛行機で約1時間50分。
エーイルへはディヤルバクルから乗り合いバスの便あり。
バスやタクシーの手配は宿泊先のホテルで頼もう。
船着き場の近くにはレストランがある。
チグリス川遊覧は乗っている時間によって値段が異なるが、交渉の余地あり。

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2015/01/12)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事