トルコ最西端の町エディルネには見どころがいっぱい

トルコ・エディルネ・観光地・名所の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

トルコ最西端の町エディルネには見どころがいっぱい

掲載日:2017/07/02 テーマ:観光地・名所 行き先: トルコ / エディルネ ライター:オキシマ・ヒロミ

タグ: 建築 美しい 歴史



ABガイド:オキシマ・ヒロミ

【トルコのABガイド】 オキシマ・ヒロミ
全ガイドを見る
東京在住。2001年にイスタンブールを訪れて以来、トルコに魅せられて取材を重ね『イスタンブールと西北トルコ』(日経BP社)を出版。2014年秋には南東アナトリア地方を徹底取材する。チグリス川とユーフラテス川上流のメソポタミア地方には聖書縁の地や古代遺跡がたくさん。人気観光国トルコの、主にまだ余り知られていない町や地域を紹介する。

見渡す限り広がるヒマワリの畑 見渡す限り広がるヒマワリの畑

トラキアの大地に咲くヒマワリ

ここはギリシャとの国境に近いエディルネ。イスタンブールから西へ高速道路を走っておよそ2時間半。この辺りはトラキア地方と呼ばれ、かつてトラキア人が住んでいたバルカン半島南東部にあたる。トルコも西の端となると緑が豊かで畑が多い。南東アナトリア地方の乾いた大地と比べると潤いのあるところだ。ヒマワリの栽培でも知られており、その季節になるとあちらこちらで広大なヒマワリ畑を目にする。ヨーロッパよりずっと暑いので、8月初めだというのにヒマワリはもう疲れた様子で首を垂れている。この辺りでは6月から7月にかけてが、ヒマワリの最盛期だそうだ。トラキア地方のテキルダー、クルクラーレリ、エディルネの3つの町を結ぶ三角地帯にヒマワリが豊富に栽培され、”ヒマワリルート”と呼ばれている。

 

エディルネが近づくと、遠くに巨大なセリミエ・モスクが見えてくる エディルネが近づくと、遠くに巨大なセリミエ・モスクが見えてくる

古代ローマ都市アドリアノーブルが今日のエディルネ

エディルネはローマ帝国時代にはハドリアノポリスと呼ばれていた。歴史の教科書にも出てくるアドリアノーブルだ。そうなると急に親しみが湧いてくる。ここは紀元前にはトラキア人の町だったがローマ軍に征服され、125年にローマのハドリアヌス帝によって「ハドリアヌスの町」という意味のハドリアノポリス(英語でアドリアノーブル)と名付けられた。その後、歴史の変化と共に色々な運命をたどるが、14世紀後半、この町はオスマン帝国のムラト一世に征服されてオスマンの町となった。征服したハドリアヌスポリスはトルコ語でエドレネボルと呼ばれ、変化して今日のエディルエネとなる。征服後に宮廷が置かれ、東ローマ帝国の首都コンスタンティノープルがオスマン軍によって陥落するまで約100年の間、オスマン帝国の首都だった。

 

エディルネにある橋の中でも、このメリチ橋が最も美しいように思う エディルネにある橋の中でも、このメリチ橋が最も美しいように思う

モスク建築で名高いミマール・スィナンは橋も造っていた

エディルネはギリシャとの国境を流れるメリチ河畔に開けた町で、西ヨーロッパとの交通の要衝であったため、町には立派な建物が多く建設された。オスマン建築の巨匠ミマール・スィナンのセリミエ・モスクは有名だが、メリチ川に架かるメリチ橋も彼の傑作と言われている。この頃は建築も土木も同じで建築家は橋も設計していた。10のアーチで支えられた古い石橋で趣がある。橋を渡ってみると意外に川幅は広く、渡り切るまでに結構時間が掛かる。調べてみると263メートルもあった。橋を渡り終えると直ぐにギリシャ国境検問所がある。メリチ川は流れが緩やかなので、眺めているのに心地良く、そのためメリチ橋の周りにはレストランがたくさん並んでいる。現在の橋は1842年に再建されたものだそうだ。

 

亀の甲羅がたくさん並んでいるように見えるバヤジット二世の医学総合施設 亀の甲羅がたくさん並んでいるように見えるバヤジット二世の医学総合施設

オスマン帝国の医学レベルの高さに驚く

旧市街には見どころが多い。ユチュ・シェフェリ・モスクは4本のミナレットが、ねじり模様、ダイヤ模様、ストライプ、チェック、と高さも太さも模様も異なる非常に珍しいものだ。エディルネ最大の観光スポットはセリミエ・モスクだが、もう一つの目玉はバヤジット二世が建てた医学総合施設。町の北側、メリチ川の支流トゥンジャ川に架かるバヤジット橋を渡った所にある。1488年に建てられたもので、ここにモスクやハマム、そして神学校などもあったが、殆どが医療施設だった。医学や薬学を教える学校と病気の人が滞在できる場所があり、精神病患者のための音楽療法なども行われていたという。現在は医学博物館になって当時の様子が再現されており大変興味深い。中心部のアリパシャ市場もミマール・スィナンが手掛けた建物なので是非、訪れてみよう。

 

セリミエよりも130年ほど前に建設されたユチュ・シェフェリ・モスク セリミエよりも130年ほど前に建設されたユチュ・シェフェリ・モスク

データ

エディルネへのアクセス
イスタンブールの旧市街アクサライから地下鉄M1でイスタンブール・オトガルへ。
オトガルとはバスターミナルのこと。
所要時間は地下鉄で20〜30分。
ここからエディルネ行きの高速バスに乗る。
エディルネ・オトガルまでは2時間半〜3時間。
オトガルから旧市街中心部行きのバスがある。

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/07/02)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

最安値エディルネツアー


最安料金万円

合算 目安 40.80万円55.80万円
旅行代金: 38.8053.80万円
燃油目安: 2.00万円
8日間
東京発

エディルネ ツアー

=古都エディルネ・セリミエジャ−ミィを訪問= <聖地エルサレムと東西の十字路を巡る> イスラエル&トルコ周遊<4大ハイライト>8日間 (…

ホテル:ノボテル・ホテル・エルサレム(エルサレム…
航空会社:ターキッシュ エアラインズ 指定

日程表を見る

●世界三大唯一神教の聖地「エルサレム旧市街」に、トルコ観光の2大ハイライト「イスタンブ−ル」と「カッパドキア」に加え、かつて約100年弱オスマン帝国の首都として栄えた「エディルネ」を8日間で周遊す…

旅行会社/ブランド:ザ・ワールド


 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事