page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

トルコグルメガイド

トルコのグルメ・伝統料理

クリックで拡大表示
 

トルコ料理はフランス料理、中華料理と並び、世界三大料理と評されている。オスマン帝国の時代から宮廷料理として発展してきたグルメ大国だ。トルコでの食事で欠かせないのが、メゼと呼ばれる前菜。ナスやひよこ豆をペーストにしたものやスープなどがある。日本ではケバブが有名だが、キョフテと呼ばれる肉団子などの肉料理や、野菜や豆類、魚介類やヨーグルトを使った料理など多種多彩。米とひき肉を、中をくりぬいた野菜に詰めたり、葉っぱで巻いたりして煮込んだドルマ料理や、米をスープで炊いたピラウなど米料理が多いのも日本人にはうれしい。(2015年編集部調べ)


トルコの食事のマナー

食事の場でのマナーは近隣のヨーロッパ諸国と同じと考えてよい。基本的なことだが、店では挨拶を忘れずに。食事中は大声で喋ったりせず、スープや飲み物は音をたてずに飲むこと。トルコ独自の習慣というとレストランなどで「コロンヤ」と呼ばれる香水のようなもの(中身は香りを付けたアルコール)を手に振りかけてくれる場合がある。使い捨てのおしぼりにもこのコロンヤを含ませたものが多いが、かなり香りが強いので好き嫌いが分かれる所。またトルコはイスラム圏ということもあり、女性のショートパンツ、ノースリーブなどは公共の場所では避けた方がよい。


現地ガイド発!トルコのグルメ・料理最新情報

2020/06/21 グルメ

ブルサの名物はマロングラッセとイスケンデル・ケバブ

トルコ旅行イメージ-栗そのものの味が良く判る上等なブルサのマロングラッセ(写真提供:トルコ共和国大使館・文化広報参事官室) 栗そのものの味が良く判る上等なブルサのマロングラッセ(写真提供:トルコ共和国大使館・文化広報参事官室)

マロングラッセがブルサの名物であることをご存知だろうか。オリーヴやピスタチオの木はトルコの乾いた大地でよく見かけるが、栗など見たことがないという方が多いのでは。確かに乾いた土地が多いトルコだが、ブルサには2000m以上の高い山があり、すそ野に森が広がっているため栗の木が良く育つ。栗は17世紀のオスマン帝国時代からブルサの名産だった。マロングラッセはケスターネ・シェケリと呼ばれ、トルコの伝統菓子になっている。イスラム教なのでラム酒などアルコール類は使わず、栗の甘露煮のような感じだ。ブルサにはマロングラッセの専門店がある。いずれも西ヨーロッパ風の店構えで、土産用のパッケージなどはまるでウィーンのチ…続きを見る



トルコのグルメスポット


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


トルコグルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるトルコの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
トルコのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!