page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

トルコの世界遺産・名所ガイド

Historic Areas of Istanbul

イスタンブルの歴史地区

名称:イスタンブルの歴史地区(トルコ
英語名称:Historic Areas of Istanbul
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1985年

東西文明を結ぶアジアとヨーロッパの架け橋

アジアとヨーロッパを分けるボスポラス海峡。それをまたぐイスタンブルだが、旧市街は海峡の西岸(ヨーロッパ側)で、その東端の歴史的建造物が並ぶ地区、スレイマニエ・モスクとその周辺、ゼイレク・モスクとその周辺、旧市街の西側を囲む城壁の4箇所が世界遺産に指定されている。イスタンブルはローマ帝国、ビザンツ帝国、オスマン帝国という歴史上の大国の首都となった都市。ビザンティオンから始まり、ビザンティウム、コンスタンティノポリス(コンスタンティノープル)と名称も変遷した。ビザンツ建築の最高傑作アヤ・ソフィア、世界で最も美しいモスクともいわれるブルー・モスク、オスマン帝国の栄華を感じるトプカプ宮殿などの建築は必見だ。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!トルコの世界遺産最新情報

2020/01/04 世界遺産

ベルガマの世界遺産三大名所のひとつ、赤いバジリカ

トルコ旅行イメージ-遺跡に聳え建つ赤いバジリカ 遺跡に聳え建つ赤いバジリカ

ベルガマに残る遺跡の中で、一番大きな建物は旧市街の北にあるクズル・アヴル Kizil Avluであろう。一般にレッド・バジリカ、赤いバジリカと呼ばれている遺跡だ。バジリカとは左右の壁側に側廊がある長方形の大きなホール式建造物のこと。赤というのは、赤いレンガで建てられているのでそう呼ばれるようになった。町の北を塞ぐアクロポリスの丘にはトラヤヌス神殿の柱や劇場などが残り、町の西方にはアスクレピオンの神域跡が見られる。それらを見学した後にここを訪れると、大変保存状態が良く感じる。紀元前3〜2世紀に建設された古代ペルガモン王国の建物に対し、こちらはローマ帝国時代の2世紀に建てられているので400〜50…続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


トルコの世界遺産「イスタンブルの歴史地区」についてご紹介します。イスタンブルの歴史地区の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。