世界遺産「ディヴリーイの大モスクと病院(ディヴリーイ)」の詳細情報

トルコの世界遺産・名所ガイド

Great Mosque and Hospital of Divrigi

ディヴリーイの大モスクと病院

名称:ディヴリーイの大モスクと病院(トルコ
英語名称:Great Mosque and Hospital of Divrigi
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1985年

イスラムとアナトリアの伝統を融合させた建築

トルコ中央部のディヴリーイにある大モスクと病院の複合建築は、13世紀前半に建てられた。ディヴリーイは、かつてメンギュジュク朝の首都として繁栄していた。大モスクはメンギュジュク朝のアフメット王が建設を命じ、付属する病院の建設は王の妻が命じたといわれている。いずれも外観は簡素で、内部も礼拝や診療に必要な小部屋のみで構成されている。モスクが通常備える柱廊や中庭、沐浴(もくよく)のための水場さえない。しかし、対照的に3カ所の扉口と、ドームを支える円柱には、植物模様、幾何学模様、文字などの精緻なレリーフが施されている。イスラムと、小アジア・アナトリアの伝統を融合させた、この時代を代表する建築となっている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!トルコの世界遺産最新情報

2017/03/13 世界遺産

世界遺産・ディヤルバクルの城塞とヘヴセル庭園の文化的景観

トルコ旅行イメージ-城塞都市の面影を色濃く残したディヤルバクル 城塞都市の面影を色濃く残したディヤルバクル

南東アナトリアの古都ディヤルバクル。初めてここに城が築かれたのは紀元前2500年頃と言われており、とてつもなく古いことが判る。ここは古代ローマ時代にはアミと呼ばれていた。べキルという民族がアミの町に入ってきた。ディヤルは場所と言う意味で、べキル人が住んでいる場所なのでディヤルべキルと呼ばれて、いつの間にかディヤルバクルになった。11世紀にセルジュク・トルコに支配され、以後、イスラムの世界となる。イランやイラクと、シリアとを結ぶ交易の拠点として繁栄してきた。2000年以降、町の修復が進んで観光客が増える。そして2015年、ディヤルバクルに世界文化遺産が誕生した。登録されたのは町を取り巻く堅固な市…続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


トルコの世界遺産「ディヴリーイの大モスクと病院」についてご紹介します。ディヴリーイの大モスクと病院の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。