page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
トルコ・イスタンブール・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

生肉の団子?南東部地方の辛〜い肉団子・チーキョフテ


掲載日:2008/01/24 テーマ:グルメ 行き先: トルコ / イスタンブール

タグ: おいしい グルメ レストラン 辛い 珍しい 肉料理


お肉料理色々あれど、これは珍しい生肉の団子

これがチーキョフテ。色とりどりの野菜などと盛り付けられて、見た目にも綺麗ですね これがチーキョフテ。色とりどりの野菜などと盛り付けられて、見た目にも綺麗ですね

トルコ料理といえば、やはりケバブを代表とする“肉料理”を真っ先に思い浮かべることが多いでしょう。今回紹介しますお料理も、肉料理には違いないんですけれど、ちょっと変わり種、“生肉”を使ったお料理です。その名は、『チーキョフテ』。訳して、生の肉団子。

とっても辛いんだけど、野菜と一緒に食べてヘルシー

チーキョフテの製作現場。力作業なので、男性の力でこねこねするのが一般的 チーキョフテの製作現場。力作業なので、男性の力でこねこねするのが一般的

どんなものかと言いますと、細かく挽いた羊の挽き肉をメインに、細かいブルグル(挽き割り小麦)や唐辛子ペースト、トマトペースト、玉葱にニンニク、香辛料などを混ぜて、ひたすらこねこねと混ぜたものです。唐辛子が相当に効いていますので、かなり辛い肉団子です。肉団子といっても、形は楕円形。一口でパクっといけてしまえるものなんですけれど、トルコの人たちは、これをコスレタスにクルリと巻いて食べるんです。一緒に盛り付けられて出てくるルッコラや青ネギ、パセリなども一緒に包んで、レモンをギュッと絞って食べると、とっても美味しいんですよ。しかも野菜がたくさん食べられて、とってもヘルシーでもあるんですよ。

ケバブ屋さんで食べてみて下さい

主にケバブ専門店で前菜の一つとして、よく出されているものなんですけれど、どこのケバブ屋さんでも出しているというわけではなく、南東部地方のケバブ料理を専門に出しているお店でお目にかかることが出来ます。また、イスタンブールの地元の商店街の中で、間口の狭いチーキョフテ専門店というものを見かけることがあります。こちらは、テイクアウトが主で、中にちょっとしたイートイン・コーナーがあることもあり。好きな人は、おやつ感覚でこのチーキョフテをパクついたり、またラワシュという薄〜いナンのようなパンで巻いて軽食にしたり、ということもあります。また、南東部地方の家庭では、おうちでもチーキョフテを作ることもよくあります。

辛いもの好きな方にお薦め

ちょっと珍しい食べ物のチーキョフテ。ケバブを食べるついでに、辛いもの好きな方には、とってもお薦めです!

【関連情報】

イスタンブールでチーキョフテが食べられるお薦めレストラン
■ Daveli (デヴェリ)
住所: Dumusyuzuk Sokak, No.7, Samatya, Istanbul
Tel: 0212-529-0833
アクセス: 国鉄コジャ・ムスタファパシャ(Koca Mustafa)駅近く
URL: http://www.develikebap.com/eng/index.html

■ Ziya Sark Sofrasi (ズィヤ・シャルク・ソフラス)
住所: Millet Cad., Ender Magazasi Yani, Aksaray, Istanbul
Tel: 0212 -632- 8479
アクセス: 地下鉄アクサライ(Aksaray)駅近く

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/01/24)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索