page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
トルコ・イスタンブール・歴史の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ビザンティン時代の素晴らしいモザイク画が残る元教会「カーリエ博物館」


掲載日:2008/03/11 テーマ:歴史 行き先: トルコ / イスタンブール

タグ: すごい! 教会 世界遺産 博物館


イスタンブールに残るビザンティン時代の教会

典型的ビザンティン建築である教会は、オスマン帝国時代にモスクとして利用されていたため、ミナレット(尖塔)が付け加えられています。何だか、不思議な光景 典型的ビザンティン建築である教会は、オスマン帝国時代にモスクとして利用されていたため、ミナレット(尖塔)が付け加えられています。何だか、不思議な光景

古都イスタンブール。この町は、1453年にオスマン帝国・メフメット2世に征服されるまでの約1100年の間、ビザンティン帝国の首都・コンスタンティノープルとして栄えてきました。そのため、今も華やかな文化を誇ったビザンティン帝国の遺産をあちこちで見かけることが出来ます。今回は、その中でも素晴らしいモザイクやフレスコ画で有名な元教会、『カーリエ博物館』の紹介です。

11世紀にも遡る深い歴史を刻んだ教会

現在はカーリエ博物館として公開されているこの建物は、元はビザンティン帝国時代の教会でした。6〜7世紀に建てられたコーラ修道院の付属の教会(コーラ教会)として、11世紀に建てられたものです。その後、何度も改修され、オスマン帝国時代にはモスクとして使用されていたのが、トルコ共和国になって以降は博物館となりました。なお、現在の建物は、14世紀に大改修された当時のものです。

ビザンティン芸術の傑作!数々のモザイクやフレスコ画

玄関部分より内側のエリアに入る扉の上に描かれている「祝福を与えるキリスト」。黄金のモザイクが眩いばかりです 玄関部分より内側のエリアに入る扉の上に描かれている「祝福を与えるキリスト」。黄金のモザイクが眩いばかりです

小規模な教会ながら、内部の装飾、特にモザイク画は見事な芸術作品で、ビザンティン芸術の傑作とも言われています。14世紀初頭に描かれたと言われているモザイクやフレスコ画の数々は、聖母マリアやキリストの一生、キリストの復活など、壁やドーム天井など、随所に散りばめられています。
教会の玄関部分にあたるエリアには、イエス・キリストの生涯を描いたものが多く、内側に入ったエリアには、聖母マリアに関するものが描かれています。そして、内陣のドームには美しい輝きを放つ福音書を手に持つイエス・キリストのモザイクがあります。また、パレクレシオンと呼ばれる外側にある礼拝堂には、キリストがアダムとエヴァを引き上げる「復活」を始め、様々なモザイク画で飾られており、圧巻です。

世界遺産にも登録されている歴史地区に残る教会

また、この博物館のある地域は、「イスタンブール歴史地区」として世界遺産にも指定されているエリアでもあります。細い石畳の小路沿いにはオスマン帝国時代の瀟洒な家々が建ち並んでいたりと、散歩するのにも楽しい場所。観光の中心地からは少し離れてはいますが、時間があれば是非とも立ち寄って頂きたいお薦めの場所です。

【関連情報】

行き方  市バスでエディルネカプ(Edirnekapi)下車、徒歩約5分。
休館日  火曜
開館時間 9:00〜16:00

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/03/11)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索