page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
トルコ・イスタンブール・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

今、イスタンブールで一番美味しいカジュアル・イタリアン“Paps”!


掲載日:2016/03/09 テーマ:グルメ 行き先: トルコ / イスタンブール

タグ: おいしい グルメ レストラン


イスタンブールの最注目エリア、カラキョイへGO!

こじんまりした店内は、落ち着いた雰囲気。カウンターでは、チーズやハムなどを楽しむことも出来ます。 こじんまりした店内は、落ち着いた雰囲気。カウンターでは、チーズやハムなどを楽しむことも出来ます。

繁華街タクシムに代表される新市街と、スルタンアフメット歴史地区で有名な旧市街を繋ぐガラタ橋は、いつも大勢の釣り人で賑わっています。この橋の新市街側の袂に広がるエリアがKarakoy(カラキョイ)です。ここが都市再開発でカフェやレストラン、雑貨屋などが犇めくエリアとなって久しいですが、今も新しいスポットが続々出店し、いつ訪れても新鮮な街です。このカラキョイに位置するのが、今回ご紹介するイタリアンレストランの期待の新星、“Paps(パップス)”です。

イタリアンシェフが腕を奮うカジュアル・ダイニング

前菜の一押しはカルパッチョ。イタリアンワインは勿論、国産の良質なワインも揃っているので、柔らかい極薄切り肉と共に召し上がれ。 前菜の一押しはカルパッチョ。イタリアンワインは勿論、国産の良質なワインも揃っているので、柔らかい極薄切り肉と共に召し上がれ。

2015年初めにオープンし、口コミでじわじわと人気を集めているパップス。当店は、前菜、パスタ、ピザとデザートから構成される、カジュアル・イタリアンレストランです。イタリア人シェフのルイジさんはトルコに来て5年。以前はトルコのリゾート地であるボドルムなどでもレストラン運営に関わったとのこと。トルコ人はイタリア料理が大好きなので、イスタンブール中にイタリアンレストランが溢れ返っていますが、ここは何を食べても美味しく、今イスタンブールで一番旨いカジュアル・イタリアン間違いなしです!

白・赤ワインのお勧めはこれ!

パップスは事前の予約を受け付けていないので、直接お店に出向こう。 パップスは事前の予約を受け付けていないので、直接お店に出向こう。

白なら、トルコ産の“CHAMLIJA(チャムルジャ)”のリースリング。スパイスの効いたパンチのある味です。トルコでリースリングを生産するワイナリーは希少ですが、中でもこれは甘みだけでなく独特の飲み口が癖になりそう。“CHAMLIJA”は、西トルコのトラキア地方で生産されているワインブランドで、最近様々なレストランに置かれるようになりました。赤なら、イタリア産“DILE”のBARBERAが、飲み易くて美味しくお勧めです。

ティラミスが秀逸、必ずお試しを

肩肘張らずに気楽に、美味しいイタリアンが楽しめるパップス。リピーターが多いのも頷ける。 肩肘張らずに気楽に、美味しいイタリアンが楽しめるパップス。リピーターが多いのも頷ける。

生ハムメロンも外せない前菜です。イスラム教国のトルコで豚を出すところは限られており、なかなか美味しいハムに出会えませんが、パップスの生ハムは臭みがなくとても上品な味。一方、ほうれん草のフェットチーネは食べやすくお子様にもぴったりです。薄皮ピザもパリッパリの香ばしさ。最後のフィニッシュもイタリアンデザートで締めましょう。特に、パップス製のティラミスは食べた人を幸せにする美味しさ。必ず食べて欲しい、とっておきの味です。

店舗情報

お店のスタッフも皆明るくて愛想が良く、サービス満点。ワインセレクトからメニューまで、何でも気軽に相談してみよう。 お店のスタッフも皆明るくて愛想が良く、サービス満点。ワインセレクトからメニューまで、何でも気軽に相談してみよう。

パップス
住所:Kemankes Mah. Fransiz Gecidi Sok. A Blok No:4 Beyoglu, ISTANBUL
電話:+90 212 243 98 48
アクセス:スルタンアフメットトラム線Tophane(トプハーネ)駅下車、徒歩5分。
ウェブサイト:http://papsitalian.com
営業時間:平日12:00-00:00(オーダーストップ22:00、金曜23:00)、週末12:30-01:00(オーダーストップ23:00、日曜21:30) 毎日営業 

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2016/03/09)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索