ぐるっと360度、「スアダ」からボスポラス海峡を独り占め!

トルコ・イスタンブール・グルメの現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

ぐるっと360度、「スアダ」からボスポラス海峡を独り占め!

掲載日:2016/10/08 テーマ:グルメ 行き先: トルコ / イスタンブール ライター:Yeni

タグ: レストラン 一度は行きたい 夜景



ABガイド:Yeni

【トルコのABガイド】 Yeni
全ガイドを見る
トルコ(イスタンブール)在住。本名、松井和花(まついわか)。テレビでたまたま観たカッパドキアに魅せられ、トルコ一人旅敢行→益々虜になり、唐突に移住して早18年。日々進化するイスタンブールのダイニングシーンを中心に、美味しい情報をお届けします。

夏にここを訪れるなら、プールで泳ぐのもお薦め。ボスポラス海峡の海水を利用しているので、ちょっぴりしょっぱいのも島ならでは?! 夏にここを訪れるなら、プールで泳ぐのもお薦め。ボスポラス海峡の海水を利用しているので、ちょっぴりしょっぱいのも島ならでは?!

もしかして、世界一贅沢なロケーション?!

イスタンブールっ子に、この街最大の魅力は?と訊けば、文句なしに『ボアズ(=ボスポラス海峡)!』という答えが返ってくるはず。そう、大都市イスタンブールのど真ん中を縦断する真っ青な“ボアズ”は、観る人を虜にする美しさに溢れています。今回は、そんな“ボアズ”にぽっかり浮かぶ島「スアダ・クラブ(Suada Club)」をご紹介しましょう。まずは通称スアダへのアクセスです。海岸沿いの町クルチェシメ(Kurucesme)の船着場から、頻繁にスアダへのボートが出ています。乗船料は無料。なお、島への飲食物の持ち込みは禁止されています(乗船前にチェックされることあり)。

 

夕暮れ時のスアダ全景。ここから、ヨーロッパ大陸とアジア大陸の両方が見渡せる。 夕暮れ時のスアダ全景。ここから、ヨーロッパ大陸とアジア大陸の両方が見渡せる。

スアダの変遷

元々スアダは、海峡の165メートル沖に浮かぶクルチェシメ島と呼ばれる、岩石の塊数個から成る小さな島でした。それが1872年、オスマントルコ帝国宮殿の建築家頭であったセルキス・カルファ(1835-1899)が、時の皇帝アブドゥルアズィズ帝から、このクルチェシメ島を賜ることに。早速セルキスは島の上に3階建の屋敷を建設し、その生涯を終える迄ここで暮らすことになります。第一次世界大戦前までは「セルキス氏の島」と呼ばれていましたが、大戦後にセルキスの相続人らにより島は貸しに出され、その後永きに渡り石炭倉庫として使用されました。やがて1957年に、歴史あるトルコの有名クラブであるガラタサライ・スポーツクラブが島を買い上げ、保養施設「ガラタサライ島」として新たに生まれ変わったのです。

 

エーゲ海地方の郷土料理店「Aslan Restaurant(アスラン・レストラン)」。メゼと呼ばれる美味しそうな前菜達が所狭しとテーブルに並び、ついついお酒も進む。 エーゲ海地方の郷土料理店「Aslan Restaurant(アスラン・レストラン)」。メゼと呼ばれる美味しそうな前菜達が所狭しとテーブルに並び、ついついお酒も進む。

バラエティー豊かなダイニングがずらり

スアダには、トルコ料理の代表・ケバブ料理店「Suda Kebap(スダ・ケバブ)」、エーゲ海地方の郷土料理を得意とする「Aslan Restaurant(アスラン・レストラン)」、カジュアルイタリアンの人気店「Mezzaluna(メッツァルーナ)」、海といえばシーフード派には「G Balik(ジー・バルック)」、イスタンブールを代表する日本食レストラン「Itsumi(いつみ)」、そしてオリジナル無国籍料理を味わいたいなら「360 Istanbul(ウチユズ・アトゥムシ・イスタンブール)」と、全部で6つのレストランが豪華に集結。どれも美味しそうで、どこにしようか迷ってしまいます。特に夕食時、見晴らしの良い窓際の席は早く埋まるので、せっかく来たからには、ボスポラス海峡がしっかり望める席を確保出来るように、事前に予約して行きましょう。

 

ここは人気イタリアン店「Mezzaluna(メッツァルーナ)」。“ボアズ”の絶景を前に、食事出来る幸せ。 ここは人気イタリアン店「Mezzaluna(メッツァルーナ)」。“ボアズ”の絶景を前に、食事出来る幸せ。

食事だけじゃない、プールでも泳げる贅沢さ

キラキラと輝くボスポラス海峡に浮かぶ島のプールでひと泳ぎ…。なんて優雅な響きでしょう!そんな贅沢気分が味わえるのも、スアダならでは。ここだけ南のリゾート地さながらの雰囲気で、大都市イスタンブールの喧騒が嘘のようです。プール利用の場合は、島に降り立った際に受付に申し出て料金を支払います。その時ビーチタオルとロッカーキーを受け取るのをお忘れなく。週末は大変混雑する上、スアダのプールサイドにあるビーチパラソルとデッキチェア数が明らかに少ないので、出遅れると日除けなし、座る場所なし…、と悲惨な目にあう可能性があります。プールサイドでのんびり1日を楽しむ為に、少し早起きしてスアダへ出かけましょう!

 

どっぷり陽が暮れたら、今度はイスタンブールの夜景が楽しめる。プール越しにライトアップされているのは、7月15日殉職者大橋(旧:ボスポラス海峡大橋)。 どっぷり陽が暮れたら、今度はイスタンブールの夜景が楽しめる。プール越しにライトアップされているのは、7月15日殉職者大橋(旧:ボスポラス海峡大橋)。

施設情報

「Suada Club(スアダ・クラブ)」
住所:Galatasaray Adasi, Kurucesme Park, Kurucesme, Besiktas, Istanbul
電話:+90 212 263 7300
ウェブサイト(各レストランの電話番号も記載):www.suadaclub.com.tr
スアダへのアクセス:ヨーロッパサイドの街Besiktas(ベシクタシ)からタクシーで15分。又は、同じヨーロッパサイドの街Ortakoy(オルタキョイ)からタクシーで5分。Kurucesme Park(クルチェシメ公園)で下車、公園内の船着場からスアダ行きのボートに乗船する。約2分でスアダに到着。

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2016/10/08)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

最安値イスタンブールツアー


最安料金万円


 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事