page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
トルコ・イスタンブール・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

海辺の街ベシクタシュで街角グルメを発掘!


掲載日:2018/04/03 テーマ:グルメ 行き先: トルコ / イスタンブール

タグ: おいしい たのしい 行列のできる店


まずは行列必須の名物ドネルから

日本でもすっかり有名になったトルコの回転式薄切り焼肉、ドネルケバブ。この店の看板おじさんが、ど迫力の巨大ドネルケバブと一緒に笑顔で出迎えてくれる。 日本でもすっかり有名になったトルコの回転式薄切り焼肉、ドネルケバブ。この店の看板おじさんが、ど迫力の巨大ドネルケバブと一緒に笑顔で出迎えてくれる。

ここはイスタンブールの交通の要所、Besiktasベシクタシュ。イスタンブールの中心部にあって、道路や海路がここで交差している一大繁華街です。近くには大学が幾つもあり、若者が集う学生街でもあります。今回はこの、ガイドブックには殆ど載っていない町ベシクタシュを散策してみましょう!
まずは、ベシクタシュに来たら絶対に外せない腹ごしらえスポットである、“Tarihi Karadeniz Doner”(ターヒリ・カラデニズ・ドネル)に直行しましょう。お昼時になると長蛇の列が出来るので、行列で並びたくないなら11時頃の早い時間に行くのが賢明です。

天気の良い日には船に乗ってアジアサイドへ

ベシクタシューカディキョイ間は、Vapurヴァプルと呼ばれる定期船とMotorモトルと呼ばれる小型モーターボートが就航しており、それぞれ15分ずれる形で30分間隔で出航している(つまり15分に1本船が出ている)。 ベシクタシューカディキョイ間は、Vapurヴァプルと呼ばれる定期船とMotorモトルと呼ばれる小型モーターボートが就航しており、それぞれ15分ずれる形で30分間隔で出航している(つまり15分に1本船が出ている)。

ベシクタシュは港町としても有名で、ここを起点にして歴史地区のある旧市街や、ボスポラス海峡クルーズにも出掛けられます。あまり時間がないけれど、風情のある船にちょっとだけ乗ってみたいという方には、アジアサイドのKadikoyカディキョイへ足を延ばすのをお勧めします。わずか片道20分ほどの行程ですが、空を飛び交うカモメたちや旧市街のシルエットを写真に収めたり、ベシクタシュの所在するヨーロッパサイドとアジアサイドの両岸を見比べながら、船のショートトリップを楽しめます。船の中ではトルコの紅茶Cayチャイや軽食も販売しているので、外の景色を眺めつつお茶でいっぷくタイムも持てますよ。

美しいガラス細工とトルコおやつに大満足

優美なガラス工芸の世界。お気に入りをじっくり選んで! 優美なガラス工芸の世界。お気に入りをじっくり選んで!

短い船旅が済んだら、今度はお土産を探しにベシクタシュ商店街に向かいましょう。ここには、知る人ぞ知るガラス細工のお店“Mina Cam Taki”ミナ・ジャム・タクがあります。ミナのガラス製品は全て、イタリアのムラーノガラスが使用されています。どうりで曇りがなく鮮やかな色が美しい!ネックレスからブレスレット、ピアスや置物など、可愛いアクセサリーがいっぱい。トルコモチーフである魔除けのNazar Boncuナザール・ボンジュのデザインを選ぶのも個性的で素敵です。
お買い物が済んだら、最後にトルコスウィーツを試食しにベシクタシュ商店街の中にある老舗菓子屋“Kafadaroglu Baklava ve Borek”カファダルオール・バクラヴァ・ヴェ・ボレッキを訪ねましょう。

店舗情報

ミルク入りのバウラヴァ、Sutlu Nuriyeストゥル・ヌーリエはトルコの濡れパイ。なんとも言えない食感がクセになる! ミルク入りのバウラヴァ、Sutlu Nuriyeストゥル・ヌーリエはトルコの濡れパイ。なんとも言えない食感がクセになる!

“Tarihi Karadeniz Doner”
住所:Sinanpasa Mahallesi, Mumcu Bakkal Sk. No:10, Besiktas
電話:+90 212 261 7693
“Mina Cam Taki”
住所:Sinanpasa Mahallesi, Has Firin Cad. Sinan Pasa Is Merkezi K:2, Cihannuma, Besiktas
電話:+90 212 260 0651
“Kafadaroglu Baklava ve Borek”
住所:Ortabahce Cad. No:21/g, Besiktas
電話:+90 212 258 0759
ファイスブックページ:https://www.facebook.com/KafadarogluBaklavaVeBorek/

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/04/03)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索