page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
トルコ・イスタンブール・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

シルクロードの交差点から生まれたウイグル料理をイスタンブールで味わおう!


掲載日:2019/03/25 テーマ:グルメ 行き先: トルコ / イスタンブール

タグ: おいしい 一度は行きたい 珍しい


ウイグル料理って美味しい!!

ウイグル料理で最もポピュラーな一品が、コシのあるもっちり『ラグメン』。こちらは肉と野菜がたっぷりの焼うどん風『タリムコルマチョップ』。 ウイグル料理で最もポピュラーな一品が、コシのあるもっちり『ラグメン』。こちらは肉と野菜がたっぷりの焼うどん風『タリムコルマチョップ』。

日本ではあまり馴染みのない、ウイグル料理。そもそもウイグル族は、中国北西部に位置する新疆ウイグル自治区を中心にした地域に住む、トルコ系のイスラム教徒です。実はウイグル族の人々は、中央アジアの次に多くトルコに住んでいると言われています。
そうなれば、トルコにウイグル料理店が多いのも頷けますね。
そこで今回ご紹介するのは、イスタンブールにある美味しいウイグル料理店3店舗です。トルコ料理とはまた違った味に、是非挑戦してみて下さい!

色々なウイグル料理を食べてみよう

ウイグルの米料理と言えば、羊肉と人参などが入ったピラフ『ポロ』。紅茶と一緒に頂こう。 ウイグルの米料理と言えば、羊肉と人参などが入ったピラフ『ポロ』。紅茶と一緒に頂こう。

イスタンブール在住の日本人にも大人気のウイグル料理ですが、中でも筆者のお薦めは、食べ易く優しい味の「Tarhanタルハン」、何を食べても美味しい「Yukselユクセル」、そして通好みの「Diplomatディプロマット」です(店の詳細は「店舗情報」に記載)。
ビギナーでも抵抗なく食べられる麺料理『ラグメン』は、肉や野菜の入ったトマトベースのソースを茹で麺に掛けて頂くタイプと、焼うどんのように炒めたタイプ(正しくは『タリムコルマチョップ』)がありますが、筆者は個人的に炒めラグメンが好きです。
餃子好きの方には、『ゴシマンタ』と呼ばれる大きい餃子を是非。たっぷり詰まった挽肉と肉汁が、ジュワッと口に広がる美味しさです。
米料理なら、『ポロ』という羊肉と人参のピラフをどうぞ。
野菜好きには、『べレンゲコロミス』というじゃが芋のピリ辛炒めがイケます。
デザートには、ウイグル料理店には必ずある『ナポレオン』という、バタークリームが挟まれたミルフィーユケーキをオーダーするのもお忘れなく。
日本人の好みに合う、ウイグル料理を味わわない手はありません!

店舗情報

お勧めレストランの一つ、「タルハン」。どこか中華料理を感じさせる見た目とお味。 お勧めレストランの一つ、「タルハン」。どこか中華料理を感じさせる見た目とお味。

Tarhan Uyghur Restaurant(タルハン・ウイグルレストラン)
住所:Molla Gurani Mah. Adnan Menderes Vatan Bulvari, Aksaray 29-1/A, Fatih, Istanbul
電話:+90(212)621-4081
営業時間:09:30-22:00の毎日営業
ウェブサイト:https://tarhan-uyghur-restaurant.business.site

Yuksel Uygur Restaurant(ユクセル・ウイグルレストラン本店)
住所:Haseki Sultan Mah. Turgut Ozal Millet Cad. 21/A, Fatih, Istanbul(現在4店舗展開だが、旅行者がアクセスしやすい店舗はこの本店)
電話:+90(212)586-2622
営業時間:11:00-21:00の毎日営業
ウェブサイト:http://yukseluygur.com

Diplomat Uygur Restaurant(ディプロマット・ウイグルレストラン)
住所:Turgut Ozal Millet Cad. No148/B, Topkapi Mah. Fatih, Istanbul
電話:+90(212)531-7973
営業時間: 10:00-21:30の毎日営業

いずれの店舗も、アルコール販売はなし。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/03/25)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索