page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
トルコ・イスタンブール・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

カディキョイで一番アツいエリアといわれる、イェルデイルメニ地区でカフェ巡り!


掲載日:2019/04/30 テーマ:カフェ・スイーツ 行き先: トルコ / イスタンブール

タグ: たのしい コーヒー 朝食


一見普通な通りの奥には・・・無数のカフェが!

この地区の人の気カフェ『kuff(キュフ)』で、朝ごはん。いつ行っても人でごった返す店内。人が人を呼ぶ?! この地区の人の気カフェ『kuff(キュフ)』で、朝ごはん。いつ行っても人でごった返す店内。人が人を呼ぶ?!

イスタンブールはカフェの宝庫。街を歩けば、あちこちで素敵なカフェに出会えます。たまにはホテルではなく外で食べたい朝ごはんに、旅先で歩き疲れた時に、ゆっくり携帯をチェックしたい時に等々、カフェはいつでも旅人の心強い味方です。
そんなあなたに、今回はイスタンブールのアジアサイド、ショップが密集していてお買い物が楽しいKadikoyカディキョイ区に位置する、Yeldegirmeniイェルデイルメニ地区のカフェたちをご紹介しましょう。
何て事のないありきたりな通りをてくてく進んでいくと、ほら!カフェがポツポツと見えて来ました!!

ローカルを気取って、お茶しながらマンウォッチング

小さな小さなカフェ『coffe'ersコーヒーヤーズ』には、軒先にも座れるようにクッションが敷いてあるが、これは野良猫たちのため?! 小さな小さなカフェ『coffe'ersコーヒーヤーズ』には、軒先にも座れるようにクッションが敷いてあるが、これは野良猫たちのため?!

観光地には国内外からの観光客しかいませんが、ここイェルデイルメニのような地元のトルコ人達しかいないローカルエリアをブラブラするのもまた、旅の醍醐味です。
昔ながらのパン屋さんや商店が並んでいる古い町並みの中に不思議に溶け込んでいるカフェを物色して、気になるところがあったら早速入ってみましょう。
私はよくカフェで朝ごはんを食べますが、朝食セットを頼むと大抵Cayチャイ(トルコ紅茶)もおかわりし放題となっていて、ゆっくり時間をかけて居座りたい場合にはお勧めです。
デザートには、トルコで定番となりつつあるサンセバスチャン・チーズケーキを是非オーダーしてみて下さい!

現地へのアクセス、店舗情報

『Roots Cafe and Botaniqueルーツカフェ・アンド・ボタニック』では、お店の名前だけあってあちこちに植物が。 『Roots Cafe and Botaniqueルーツカフェ・アンド・ボタニック』では、お店の名前だけあってあちこちに植物が。

・Yeldegirmeni(イェルデイルメニ)地区への行き方
イスタンブールはアジアサイドの港町Kadikoyカディキョイ(メトロM4号線またはボスポラス海峡を繋ぐ各連絡船でアクセス可能)から、徒歩でぶらぶら約15分でイェルデイルメニ地区に行ける。
・『kuffキュフ』
フェイスブック:https://www.facebook.com/kuffcafe/
・『coffe'ersコーヒーヤーズ』
インスタグラム:https://www.instagram.com/coffeers.yeldegirmeni/
・『Roots Cafe and Botaniqueルーツカフェ・アンド・ボタニック』
フェイスブック:
https://tr-tr.facebook.com/pages/category/Cafe/Roots-Cafe-Botanique-304498166773231/

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/04/30)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索