page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
トルコ・イスタンブール・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

時間のないあなたは、観光ツボがギュッと詰まったオルタキョイを狙え!


掲載日:2019/09/20 テーマ:観光地・名所 行き先: トルコ / イスタンブール

タグ: たのしい 一度は行きたい 夏にオススメ


目の前に突然広がる忘れ難い風景、それがオルタキョイ広場

いつ見ても絵になる優美なオルタキョイ・モスクの白と、バックのボスポラス海峡の青のコントラストが眩しい! いつ見ても絵になる優美なオルタキョイ・モスクの白と、バックのボスポラス海峡の青のコントラストが眩しい!

休みが十分取れず、イスタンブール観光に1日しか時間が取れない!乗り継ぎでイスタンブールに寄港し、数時間観光する時間がある、などなど、ゆっくりイスタンブール滞在がままならない方々のために、今回は新市街の海辺の町、Ortakoyオルタキョイをご紹介します。
オルタキョイは、地元イスタンブールローカルにも大人気の町。
なぜって、食事やお茶する場所には事欠かないし、景色は抜群、1時間あればボスポラス海峡クルーズに手軽に参加出来る、お土産店や雑貨屋も沢山あってお買い物も楽しめる、とあればローカルに混じって観光客の我々も行かない手はありません。
しかもエリアが小さくコンパクトなので、短時間で回れるという嬉しさ。
お楽しみが詰まった可愛い町オルタキョイの散策へ、いざ出かけましょう!

オルタキョイに行ったら必ず食べるべきモノは、これ!

暑さのせいか、ちょっとお疲れ気味のクンピル売りおじさん。トッピング次第でいろんな味が楽しめる、究極のトルコB級グルメ! 暑さのせいか、ちょっとお疲れ気味のクンピル売りおじさん。トッピング次第でいろんな味が楽しめる、究極のトルコB級グルメ!

オルタキョイの名物は、「Kumpirクンピル」と呼ばれるふかしジャガイモ。
オルタキョイに足を踏み入れたら、クンピル専門店がずらりと並ぶ通りが目印です。客引きの声がなかなか激しいですが、めぼしい一店で是非ご賞味を。オーダーすると、店員がオーブンでフカフカに調理した丸ごと巨大ジャガイモの皮に切り目を入れ、バターと溶かし込み、ぐるぐると練ってくれます。次に、店頭のガラスケース内のトッピング材料(ピクルス、コーンなどの野菜類、ソーセージなど)を選んでイモの上に大胆に乗せてもらいます。最後にお好みでケチャップやマヨネーズなどのソースを掛けて、出来上がり。スプーンやフォークですくって頂きます。座る場所は特になく、オルタキョイ内の公園スペースやベンチなどを陣取ってどうぞ。

関連情報

カフェ激戦区、オルタキョイ・エリア。中でも大人気カフェが、この「ザ・ハウスカフェ」。海風が涼しくお洒落な空間には、ゆったりした時間が流れる。 カフェ激戦区、オルタキョイ・エリア。中でも大人気カフェが、この「ザ・ハウスカフェ」。海風が涼しくお洒落な空間には、ゆったりした時間が流れる。

Ortakoyオルタキョイへのアクセス:旧市街Sultanahmetスルタンアフメットからは、T1線(トラム)Kabatasカバタシュ駅で下車し、そこから市バス22番や22B番、25E番でオルタキョイにアクセス出来る。
新市街Taksimタクシムからも、オルタキョイを通過する市バス40番や40T番、また42T番でアクセスが可能だ。
オルタキョイからのボスポラス海峡クルーズ時刻表:
https://ortakoybogazturukooperatifi.com/kurumsal/kalkis-noktalari-ve-saatleri
いっぷくスポット:
「The House Cafe Ortakoyザ・ハウスカフェ・オルタキョイ」
http://thehousecafe.com/ortakoy/
営業時間:平日09:00から24:00まで
金曜日:09:00から01:00まで
土曜日:08:00から01:00まで
日曜日:08:00から24:00まで

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/09/20)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索