世界三大料理と称されているけれど……

世界三大料理といえば、伝統的に、中華、フレンチ、トルコ料理だと言われています。いずれも広大な領土を持ち、国王や皇帝など贅を尽くした食文化が花開いた国の料理です。しかし最近トルコ料理の評判はさほど芳しいものではありません。ミッシェランの星を獲得するレストランは少なく、中華やインド、イタリアン、日本料理ほど一般的でもありません。どうも影が薄いですよね。日本でももちろんトルコ料理屋さんはありますが、大都市に限ったことで、地方都市ではまだまだです。そんな中、「ドネルケバブ」だけは健闘しています。今やお祭りなどの屋台で、定番となっているのではないでしょうか。大量のヒツジ肉、あるいはビーフやチキンなどを串に刺し、炙りながらこそぎ落としてパンにはさんで食べる料理です。「ドネル」は「回転」、「ケバブ」は「焼肉」の意味です。

イスタンブールガラタ橋近くのサバ・サンドイッチ船 イスタンブールガラタ橋近くのサバ・サンドイッチ船

トルコのB級グルメはかなりうまいぞ!

本場トルコのレストランでは、ドネルケバブの肉をバターライスに載せて、上からヨーグルトをかけて食べたりします。これがうまいんです。イスタンブールの町中を歩いていると出くわすのが、四角いガラスケースの中に、グリーンピースご飯を入れて、売り歩いている豆ご飯屋さん。「ラフマジュン」は、トマトソースを塗った上に挽肉を載せて焼いただけのシンプルな薄いピザ。パイ状の生地の中に、挽肉とマッシュポテトが入った惣菜パンの「ボレキ」は、トルコ人の朝食の定番となっています。そして忘れてならないB級グルメの代表が、なんといっても「サバ・サンドイッチ」でしょう。

日本人の固定観念を打ち破ったサバサンド

僕が初めてイスタンブールで、このサンドイッチの話を聞いた時、耳を疑いました。パンにはさむのは、卵やチーズ、ハム、レタスやポテトサラダ、コロッケ、焼きそば、スパゲティだと固定観念化していたからです。「魚」という選択肢はなかったのです。魚のお相手は白米なのです。多くの日本人が同様だと思います。それなのに、焼サバにパン? ところが、友人にサバ・サンドイッチ屋のあるガラタ橋に連れていってもらって食すると、未知との遭遇のはずなのに、抜群の相性の良さに驚かされました。

焼サバとパンを引きあわせた陰の立役者とは?

実は焼サバとフランスパンとを引きあわせる食材が隠れていたのです。それが少し辛めのタマネギです。このタマネギのおかげで、サバの臭みがパンに移らないのです。近頃は日本でもいろいろとサバサンドが開発されているようですが、イケませんねえ。本道から離れているものが多いようです。シンプルイズベスト、フランスパンと焼サバとタマネギ、それが完成形なのです。お疑いの方は、イスタンブールのガラタ橋のたもとのサバサンド屋さんで、召し上がってみてください。さすが世界三大料理と唸ります(ちと大袈裟ですかな?)。