チャイもいいけれどぜひ味わってみたいトルココーヒー

トルコを旅していると、様々な場面でチャイ(紅茶)を飲む機会があると思います。休憩のお供や食事の最後にはもちろん、お土産屋さんでは無料でサービスされることも。しかしトルコで、このチャイと同じくらい愛されているの飲み物がコーヒーです。まずはトルココーヒーの歴史を振り返ってみましょう。

トルコに古くから伝わるコーヒー占い 前編 トルコに古くから伝わるコーヒー占い 前編

ヨーロッパよりも古いトルコのコーヒー文化

オスマントルコの首都、コンスタンチノープル(現在のイスタンブール)にコーヒー店が登場したのは1554年と言われています。これは西ヨーロッパにカフェが出来るよりなんと一世紀も早い時代。この頃からほとんど変わらないスタイルで今もコーヒー文化が愛されているのです。それではどんな淹れ方をするのでご紹介しましょう。

豆の香りを増幅させる独特の淹れ方

トルココーヒーは、ジェズベと呼ばれる小さな鍋に、コーヒー豆の粉末を直接入れて、水と一緒に煮立たせて抽出するのが特徴です。コーヒーの粉は濾さずに、カップに注いで粉がカップの底にすべて沈むのを待ってから、上澄みの部分をそぉーっといただきます。想像に反してまろやかな味わいは、コーヒー豆のそのままの香りが引き立つ気がします。

コーヒーを使った占いがあります

トルコ式コーヒーはなぜ濾さずに飲まれているのでしょうか。そもそもフィルターで濾す方法は、18世紀に入って、フランスで開発されました。19世紀に入る頃にはパリの大司教ドゥ・ベロワが、現在とほぼ同じドリップポットを設計し、コーヒーの粉を濾すスタイルが普及しました。トルコ式コーヒーは、それ以前の飲み方を今に伝えているもので、2013年には、ユネスコの無形文化遺産に「トルココーヒーの文化と伝統」として登録されました。この事からも、トルココーヒーが世界の中でも独特の文化を継承していることがうかがえます。そしてこのトルココーヒーを使った、ある占いが昔から親しまれています。